ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
「語り」
きっとこのところ心が病んでいたに違いない。
今日のグループ・ストーリーズの「語り」は本当に癒しになった。
「語り」とは朗読の一種と言えるが、それに身振り手振りがはいり、物語の迫真力が増す。

今日の演目は、
ピアノのおけいこ(立原えりか )  口演:雨宮京子
洋食セーヌ軒(神吉拓郎)      口演:斎藤和彦
くびなしほていどん(さねとうあきら)口演:高見沢絹江
夕靄の中(山本周五郎)       口演:倉田美香
であった。

場所は演目にふさわしい、何時もの千駄木の芝居小屋。
「語り」の楽しみは、唯読むのと違い、また逆に実物が現れる映画や演劇とも違い、聞き手が自由に想像の羽を広げることができるところに妙味がある。
b0084241_22594752.jpg

そもそも欧米では文芸作品、とくに詩などは先ず仲間内のサロンで朗読されたものと聞いている。
ストリーズも和物にこだわらず、洋物例えばオーヘンリー、モームまた最近ではチーバーのものなども、「語り」でこなされたらいかがだろう。

僕だけでなく、ほとんどの現代人は心が病んでいいるのではないかと思う。
其の一つの原因が、文字通りネットで自分の首を絞めているからではなかろうか。

ネットは確かに便利なツールである。だが、いくら文明の利器が進歩しても、それについていけない人間の素朴な本質がある。
例えば人一人に必要な緑のスペース。
また、ケータイを介さない、直接の対面会話。
自らの作りだしたネット環境にむしばまれた現代人の癒しの一つに「語り」があると言いたい。
[PR]
by n_shioya | 2011-10-15 23:00 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented by HOPE at 2011-10-16 06:48 x
まさしく“ネット”にからめとられている感はあります。
命名した人はそこまで読んでいたのかな…とまで思います。
そうだとしたらおそろしくもスゴイことですが…
人間はこうも弱く、依存の強い生き物かと実感しますね。
Commented by n_shioya at 2011-10-16 22:44
HOPEさん:
それでもめげずに増殖していくとは、たくましい生物ですね。


<< 精神対話士 会議の一日 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム