ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
跡を絶たぬ悪徳美容外科医
たまたまテレビを見ていたら、“「美容整形」の失敗”を特集していた。
やれ、やれまだこのざまか、とがっくりきた。

まず「美容整形」という呼称である。
30年ほどまでに法律改正で、このジャンルは「美容外科」と標榜すべきと決められた。
が、あまりにもその名が体を表しているので、いまだに「美容整形」がまかり通っている。一番迷惑しているのは、本来、骨、関節詰り運動器の外科として存在してきた「整形外科」である。

そしていまだに跡を絶たない、「悪徳美容外科医」の横行。
言い方は悪いが、保険制度で絞めつけられた日本の医療から逃れようと、唯一自由診療のうまみのある美容外科に猫も杓子も乱入してきている。中にはメスの経験のないのはおろか、臨床の経験皆無のものすら混入している。

今回取り上げられた、豊胸術と二重瞼の手術については言いたいことはいっぱいあるが、別の機会に譲るとして、とりあえずはマスコミとくにテレビの露出度の多い医師には気をつけた方が良い。ペイパブと言って、形を変えた記事広告が多いからである。
美容外科はその性質上、医師の評価として重要な要素たる患者の口コミはあまり期待できない。投入した広告費に比例して患者が集客できる仕組みになっている。したがって、広告費回収のために、無駄な、また危険な手術を強要する医師も絶えない。
また、ネット上では技術の評価は不可能である。唯一数値化出来るのは価格である。そして、 “安かろう、悪かろう”の犠牲になる患者は後を絶たない。

とりあえずの対策としては、美容外科専門医制度を整備し、有資格者に「美容外科」の名称独占を与え、素人医師には「美容整形」を名乗ってもらえば、患者にも区別がつきやすいのではなかろうか。
[PR]
by n_shioya | 2011-11-01 20:58 | 美容外科 | Comments(4)
Commented by sayuri at 2011-11-02 10:19 x
悪徳美容外科医って本当に存在するのですね!?美容医療を受けましたが、信頼・尊敬できる先生でした。患者側も見る目が必要ですね。
Commented by 田乃急 at 2011-11-02 20:46 x
美容外科はNATO軍と似てますね。
NATO軍は、国際紛争や武力攻撃に対処するためではなく、目をつけた国の体制が悪いから変えると言って戦争をしかけ、血を流し、命を奪い、結果は前より悪くなってばかり。
美容外科は、病気や怪我に対処するためではなく、患者の顔や身体の外見が悪いと言って手術をし、血を流し、人命を奪い、前より悪くなってばかり。
これを正当化するためにマスメディアを利用し、嘘を流布することまで同じです。
Commented by n_shioya at 2011-11-02 23:42
sayuri さん:
そういうお話を聞くとほっとします。
Commented by n_shioya at 2011-11-02 23:44
田乃急さん:
なるほど。そういう見方もあるわけですね。
美容外科学会だけをみると、中東顔負けの内戦状態というのも又悲劇ですが。


<< 牧田総合病院の人間ドック 医学の勝利 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム