ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
呼称の難しさ
ライトアップされた高山寺の紅葉を背に、山中教授はテレ朝のインタビューに答えていた。
昨日京都で開催されたiPSシンポジュームを受けての、ニュースステーションの特集番組である。
“iPSと名付けられた理由は?”との古舘キャスターの問いに対し、山中教授は答える。
“命名には頭を使いましたよ。過去にも日本人の発見したことが、その名前が普及せず、後発の外国人の名前が広まって、あたかもその外国人の発見の様にとられてしまったことがいくらもある。
そこで考えました。
2字では弱い、3字で何かインパクトのあるものはないかと。
そして頭に浮かんだのが、iMAC,iPODです。
正式の名前としてはInduced Pleuripotent Stem Cellと呼びたい。
そこでまず小文字のiで始める。そしてPSと大文字で続ける。それがiPSです。
まあ、最近のコンピューター名のパクリですね。“
なるほど。

確かにネーミングは大切である。
最近、「ミタメのアンチエイジング」というフリーペーパーを出す際の、関係者の議論を想い出した。
そう、三文字で行こう。ずばり「ミタメ」。そしてローマ字表記では、「mitame」の真ん中のタをイタリックとした。

実は先日、アンチエイジング大賞受賞者の選考にあたり、一人の有力候補から御断りが来てしまった。
アンチエイジングというのは、加齢という自然現象にあらがうようで気に入らない、と。
確かにそういう議論はこの分野がスタートした十年ほど前から続いている。
では、サクセルフルエイジングはどうか、ウェルエイジングはなどと色々な名称が上がったが、結局は定着せず、もうアンチエイジングで行こう、となったいきさつがある。
名前より中身が正しく理解されれば、というつもりだったが、なかなかそうもいかないらしい。

何か言い呼び名は無いですね?我々としても「健康長寿」にピッタシの言い方があれば、改名するのにやぶさかではないのですが。
[PR]
by n_shioya | 2011-11-19 21:50 | アンチエイジング | Comments(4)
Commented at 2011-11-20 08:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 冬隣 at 2011-11-20 08:02 x
本当に呼称はイメージはもちろん、場合によっては中身まで影響しますよね
名前がついた時点で一人歩きするものがある気がするのでとても大事というのには同感です
Commented at 2011-11-20 09:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2011-11-20 09:30
冬隣さん:
抗加齢に変わる良い名前は思いつかれたらお知らせください。


<< 「お若いですね」と言わせよう。 秋深し >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム