ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
不肖の息子
今回、健康本を上梓して、亡き親父を想い出すことしきりである。
ゴルフダイジェスト社には親父もだいぶお世話になったからだろう。
そしてアンチエイジングの要諦である「バランスのとれた食事と適度な運動」を百年近く前から唱え、実践ていた親父の先見性にあらためて感じ入っている。
そしてなぜもっと素直に親父の言うことを聴かなかったのかと、今更恥じ入る次第だ。

だがね、親父さん。子供にとって「玄米菜食」は辛いものがありましたよ。
砂糖は毒。キャラメルもご法度。チョコレートの存在などは、中学に入るまで知らなかった。
そして親父の言う「毒」達が如何に美味か知ってからは、一生かけても償いきれない思いで、フレンチやスウィ―ツを食べ続けてきたことか。

運動も苦手だった。
野球すら自分でやるは愚か、見たことさえない僕は、いくら親父に言われても、ついにゴルフを始めることはなかった。

それに親父さん、貴方は随分と健康オタクでしたね。
手のひら療法にこって、異端者として大学の医局を破門になり、だが、開業してからは不思議に患者の評判は高く、門前市をなしていたのを想い出します。
だが、その傍ら、ありとあらゆる健康法、怪しげな民間療法を含めて、我々子供たちが実験台にされました。
紫外線療法、辛子マッサージ。そして冷水浴。これは大寒には風呂桶に貯めた水の面の薄氷を割って、冷水を頭から浴びる。
ついには心霊術まで手を出されましたね。

だが、百歳まで現役ゴルファーとして活躍し、93歳で三度目のエイジ・シュートを達成したということは、ゴルフをやらない僕でも、この年になってやっとその凄さがわかってきました。
運動神経の欠如した僕が、いかに頑張ってもまともにお相手をすることは無理だったでしょうが、せめて一度でも、グリーンの上をご一緒していたら、とそれだけが不肖の息子の一番の心残りです。
[PR]
by n_shioya | 2011-11-22 22:34 | アンチエイジング | Comments(5)
Commented by 芙蓉 at 2011-11-23 00:11 x
いっきに冷え込んでまいりました。
出版、おめでとうございます。
是非、読んでみたいと思います。

偉大なお父さま、
先生のエネルギー、意志の強さ、あったかさは、お父様譲りですね!
これからも、
いついつまでもお若いですね!と、言わせてください。

風邪などひかれませんように。

Commented by n_shioya at 2011-11-23 22:39
芙蓉さん:
ありがとうございます。
其の後いかがお過ごしですか。
お差支えなければ、鍵付きでアドレスをコメントに入れてくだされば、拙著はお送りいたしますが。
Commented at 2011-11-24 23:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-11-25 01:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 恵子 at 2011-11-28 19:02 x
お父様の著書、
図書館で順番待ちです。
もてる男性は、ずーっともてるのです。


<< 「家族の庭」 新刊書の序文 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム