ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
ハヤシオムライスバーグ
東京には丸善の本店が二つある。

一つは東京駅前のオアゾの中の新しい店と、今一つは高島屋向かいの昔からの店を改築した店である。
今朝は配偶者を高島屋まで送り届けた後、改装なった丸善の4階のコーヒー屋でひと時を過ごし、「越しかた行く末」を計った。
旧丸善の4階にも、リブロというコーヒー屋があったが、店番があまり感じが良くないので、入ることは少なかった。
今度は造りはモダンになり、サービスもよくなった。

丸善は僕の育ての親ともいえる。
スランプの続いた大学時代、昼は何時も丸善まで足を延ばして、洋書のフロアで数時間を過ごした。
大概の洋書ならアマゾンで翌日届く今と違い、その頃はほとんどが注文してから数カ月かかったものである。
期待に胸を膨らませながら待つ其の数カ月という期間も、楽しいものであった。

ある日、番頭らしき紳士が寄ってきて“坊ちゃん、手前どもは学生さんからすぐにお代をいただこうなどケチな考えは持ってませんよ。何時か偉くなってからで結構です。なんでもお持ちください。”といわれた。
いわゆる出世払いである。
僕はその言葉を素直に受け取って、何時も好きなだけ持ちかえったが、なかなか出世出来ず、何とか払いを済ましたのは、留学から帰ってからである。
20年ほどで溜まった額は、百万を超えていたと思う。
昔のよき時代の話である。

所で丸善のカフェの名物は、ハヤシライスである。
最近ではそれにオムレツが加わり、さらにハンバーグもついた、ハヤシオムライスバーグというのもある。
これを注文するたびに、配偶者はゲーッという顔をする。
でも、おいしいですぞ。
アンチエイジングなど忘れて、一度お試しください。
[PR]
by n_shioya | 2011-12-01 21:46 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented by だんぷ at 2011-12-01 21:59 x
ハヤシオムライス、私も大好きです
発作的に自分で作るほど
作った後に
「2品じゃないか…」と主婦の手抜き根性が
出てしまうのが情けないですが
それにしてもあちこちご紹介頂く場所はいつも行きたくなりますが
今日の思い出話はとても粋!
その粋な空気が残っているのか、つい確かめに行きたくなります
なんだか温かくなるエピソードありがとうございます
Commented by 御隠居@横丁 at 2011-12-02 13:51 x
本店のことを書いておられますが、
学生時代に行ったのは、本店ですか? お茶の水店ですか?
お茶の水店なら足を延ばしてすぐだけど、本店は歩くとちょっとあると思いますので。
先生の頃にお茶の水店があったかどうかはさだかではありませんが。
ともあれ、粋なエピソードです。
Commented by n_shioya at 2011-12-02 22:33
だんぷさん:
でも、おいしいものはおいしいですよね。
Commented by n_shioya at 2011-12-02 22:35
御隠居@横丁さん:
お茶の水店はなかったように思います。
少なくもいつも通ったのは日本橋店でした。
そして、神保町を中心に、九段下と須田町へ広がる古本屋街も魅力にあふれていましたね。


<< ワイドショーという白痴番組 羊の会 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム