ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
新しいベンツ
実は先日、レインボ-ブリッジで追突された翌日、湾岸線のレストエリアの駐車場で、トラックに前部を当て逃げされた。
連日の貰い事故でショックだった。
愛車はすでに22万キロ走っているが、まだあと出来れば3,4年、30万キロまではと思っていたが、保険では修理費をカバーしきれない。
もう潮時と考えて、厄払いも兼ねて新車に変えることにした。
考えてみればもう運転歴62年。今まで事故に会わなかったのが不思議なくらいである。

これまでに乗った車は、
ルノーの4CVにはじまり、ヒルマンまでは親父の車。
アメリカに亘って初めて自分で買ったのが100ドルのプリムス。車歴20年以上の廃車寸前のポンコツだった。
そしてまたプリムス。これは同僚のレジデントから長い交渉の末、300ドルで譲ってもらった。帰国前の2年間は、新車のフォルクスワーゲン。2000ドルだったか。これでアメリカをキャンプしながら横断。サンフランシスコで確か1600ドルで売って、帰りの飛行機題を出した覚えがある。

帰国してからは、またフォルクスワーゲンを手に入れ、子供が増えたので、やはりフォルクスワーゲンのワゴンに代える。
そして、ポンコツのワーゲンのバスを並行して持っていたこともある。
それから一時はボルボ。これは故障続きで、半年ほどでトヨタのステーションワゴンに代える。
それから出始めのソアラー。鳴り物入りの割には、ドイツ車に慣れた身にはやわな感じだった。
その間並行してランクルをもつ。最近のと違い、ディーゼルでクラッチ操作。サスもジープ並みのごつい車で、相模原に行くまでに体ががくがくになり、手が震えて手術ができなかったのを想い出す。
そしてベンツの190、通称コベンツが発売され、ドイツ車が懐かしくなり、ベンツとのお付き合いが始まった。

その後もベンツが続き、今週納車されたベンツは6代目となる。
え、タイプは?
来週、ヤナセの美女を傍らにご披露することにしましょう。
[PR]
by n_shioya | 2011-12-03 22:21 | コーヒーブレーク | Comments(8)
Commented by valkyries at 2011-12-03 22:16 x
先生、それは楽しみです!ランクルを運転すると腕が震えてメスを握るとき困ったというエピソード、随分昔に伺いましたが、今でもジョークの種として使わせて頂いております。
Commented at 2011-12-03 23:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-12-04 02:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ランスタンドゲラン at 2011-12-04 15:58 x
あらら・・・それは大変でした。でも先生にお怪我がなくて何よりです。新しいベンツ楽しみですね。
Commented by n_shioya at 2011-12-04 22:26
valkyries さん:
これを機会に僕の車遍歴をつづろうかと思ってます。
Commented by n_shioya at 2011-12-04 22:29
芙蓉さん:
体が無傷だったのは不思議なくらいです。
しかもこれがきっかけで、心機一転して活動を開始したくなったのも有難いことです。
Commented by n_shioya at 2011-12-04 22:30
なると(三男の友達)さん:
コメント有難うございます。
また遊びに来てください。
Commented by n_shioya at 2011-12-04 22:31
ランスタンドゲラン さん:
新しいベンツの話は、これからたっぷり載せることになりそうです。


<< 榛名神社 ワイドショーという白痴番組 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム