ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
金銭メタボ
ここに一枚の絵がある。
風刺漫画家ドーミエの描く「銀行家」だ。
内臓脂肪か皮下脂肪かわからぬが、腹囲はメタボの極致だ。
b0084241_23213753.jpg

何故脂肪が沈着しやすいか?
かつて人類は動物の一員として、食物にありついた時は食べに食べて、インシュリンの働きで栄養分を脂肪として蓄積し、飢餓の時期に備えた。
それが飽食の時代が来ても、本来の動物性がはたらいて、肥満を惹起する。
しかも悪いことに、蓄積された脂肪は更に脂肪を呼ぶ働きを持つ。

同じように金持ちは、当初の動機が何であれ、蓄財するほどに金に飢え、幾何級数的に財産を増やそうとする。
金は生活を支え、豊かにする手段にすぎない。が、資産家にとっては金をためること自体が目的となる。そしてその金が又更なる儲けへと駆り立てる。

ドーミエのカリカチュアが、奇しくも金満メタボを体型メタボで具現させているのはさすがである。

僕がライフワークと考えている課題が「人間の愚かさの生理学的基盤」であることは以前触れたが、メタボもその一例である。
つまり、人間の生存のために必要な機能が、環境の変化に対応できず本人に不利益をもたらす例である。これが「人間の愚かさの生理学的基盤」の第一のタイプ。
第二のタイプとしては、ストレスに対応するメカニズムが、かえって病気を引き起こすこともある。これは想定以上のストレスが原因と言える。
又人間には、相容れない二つの本能が拮抗することもある。これを第三のタイプと考えよう。
例えば女性の場合。一旦妊娠すれば胎児の発育から出産、授乳に至る連鎖反応がスタートする。これを中絶することは、何らかの形で本人にキズを残す。
だが、仕事のためやむを得ず中絶する場合を考えよう。
女性でも自己実現のために仕事をしたい、というのもまた自然の要求と言える。
まだ、まだいくらでもほかのタイプや具体れがあると思われるので、おいおい彫りだしていきたいテーマである。
[PR]
by n_shioya | 2011-12-23 23:24 | アンチエイジング | Comments(2)
Commented by HOPE at 2011-12-24 22:10 x
愚かさはその愚かさに気づきているなら可愛いげもあろうというもの
でも本当に最後まで愚かだとウンザリしてしまうのも事実かと思いますが
いかがでしょうか
Commented by n_shioya at 2011-12-25 22:41
HOPE さん:
つまり救いようのなる馬鹿と、本物の馬鹿との違いでしょうか?


<< クリスマスイーヴの想い ベンツ礼賛その3 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム