ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
タリアコッチ・ソサイエティ
16世紀イタリア。
シェークスピアの戯曲でもお馴染みの決闘が若者の間では盛んだったという。
その為、のちにロスタンが戯曲「シラノ・ド・ベル十ラック」で主人公にからかわさせる「鼻なし亡者共」が、街をうろついていたに違いない。
その失われた鼻を、世界で初めて前腕からの皮弁で再建し、形成外科の道を開いたのが、ボローニア大学の外科教授、タリアコッチであった。
手術は成功した。
麻酔も消毒法も存在しなかった16世紀に、このような手術が行われ、しかも成功したとは驚異的である。

だが、頑迷な法王庁は怒った。
人間の体は造物主、神が造りたもうたものである。その体を被造物である人間が造るとは冒涜もはなはだしい。
タリアコッチは破門され、死んでも教会の墓地には入れて貰えなかった。
ガリレオが“それでも地球は動く、”と呻いたのもそのころだからやむを得なかったかも知れない。

だがその為、形成外科手術が復活するには其の後4世紀の長きを待たねばならなかった。勿論、形成外科のように洗練された技術を要する分野は、其の基礎となる外科学の発達を待たねばならなかったこともある。
この故に、20世紀初頭に形成外科が復活して以来、タリアコッチは形成外科の始祖として仰がれている。
b0084241_223265.jpg

其のタリアコッチにあやかって、形成外科の本道を歩むと自負する者が集い、「タリアコッチソサイエティ」を創設したとは前に書いたとおり。
今日、其の初会合が湘南鎌倉病院で、山下部長の企画で開催された。
その名も「シオヤ・タリアコッチ ワークショップ」
何とも厚かましい名前である。
b0084241_2233127.jpg

北里大学関係で、美容外科に携わる者40名ほどが集合し、白壁、宇津木両先生のレクチャーを受けてフィースリフトの現況について語り合い、又、市田先生の脂肪注入のハンヅオンセミナーでは、市田流の洗練された技術を目の当たりにした。
準備に奔走した山下部長、そして講師、座長の皆皆さま、本当に御苦労さまでした。
[PR]
by n_shioya | 2012-01-08 22:07 | 美容外科 | Comments(2)
Commented by 序破急 at 2012-01-09 05:22 x
整形外科医は、「形成外科は裁縫だ」とコケにし、形成外科は「整形外科は大工仕事だ」とコケにすると、ある大学病院の医師が言ってました。
ロシアではモンゴルによる鼻削ぎの刑の被害者が大勢いたので形成外科が始まったと言われ、ソ連時代は外国から治療に行く人もいたそうですが、その後の情勢はどうなっているのでしょうか?
プーチンにやらせていたらソ連復活ではと欧州諸国が怖がっているようですが、医療はどうなっているのでしょう。
 
Commented by n_shioya at 2012-01-09 22:41
序破急さん:
お針子ならまだいいですが、アメリカの時はニキビ取りなどといやしめられていました。
ロシヤや中国はレベルは低いようでも、時たま意外な新機軸を打ち出してくることがあります。


<< 北里形成新年会 初詣は飛鳥Ⅱで >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム