ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
フィヨルドの旅
b0084241_2393858.jpg

BSテレビでノルウェーの汽車の旅を放映していた。
オスローからベルゲンまで、横断の旅だが、そのなかの圧巻はミュルダールからフロムに下降する支線、フロム鉄道である。
10年ほど前、金沢の塚田教授夫妻と一緒に、〝フィヨルド ナットシェル”という日帰りのツァーに参加したときのことを懐かしく思い出した。
b0084241_238277.jpg

ベルゲンから汽車で出発、ミュルダールで支線に乗り換えフロムに下り、そこからクルーズ船でフィヨルドを回り、グドヴァンゲンという小さな港でバスに乗り換え、又急峻な山道を登り、ヴォスという町で又汽車を拾ってベルゲンに戻る。
詳細はマップを参照してください。
b0084241_239133.jpg

この列車の旅で知り合いになった日本人のカップルが、児童文学の大家でゲド戦記の翻訳家でもある清水教授と其のご主人だった。
夫妻とは翌日、又グリークの記念館にお出会いし、交流は今でも続いている。
[PR]
by n_shioya | 2012-03-01 23:10 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented by HOPE at 2012-03-01 23:07 x
まあ!おいでになったのですね!素敵です
いつか先生がおいでになったところに行きたいなと読むと必ず思います
Commented at 2012-03-02 00:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2012-03-02 22:46
HOPEさん:
何時かは是非!
Commented by n_shioya at 2012-03-02 22:47
テレーズさん:
何時か清水先生を御紹介しましょう。
素晴らしい方ですよ。


<< 「舞踏会の手帳」 栃木のセミナー >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム