ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
最近の海外旅行事情
最近の旅行カバンの進歩は目覚ましい。
赤、青、黄と色とりどりで、しかも恐ろしく軽い。こんなにペコペコするポリなんとかの高分子の薄板で、空港での荷物の搬入搬出の衝撃に耐えられるのか心配になるほどだ。なんせ、現場ではポンポンと容赦なく放り出されるのだから。
古いトランクがあまりにも汚れてぼこぼこになったので、次回の訪欧にあわせ、
今日三越で新しい奴を買い求めたところである。
何よりもありがたいのは、キャスターの導入である。最近は4輪で、立てたまま前後左右自由に動かせる。

又、送付ミスも激減した。昔はグループ旅行の際、必ず一つぐらいは間違ったフライトに積み込まれ、迷惑したものである。
その為、預けた荷物は着かないこともあるという前提で、最低下着のワンセットは、機内持ち込みのバッグに入れておくよう、指導されたものだ、
昔、ブラジルの学会の時に、東海大学の谷野教授の荷物がヨーロッパのどこかにおくられてしまい、会期中は現地で調達した衣類でしのいだのを想い出す。学会にそぐわない衣装で会場をうろつき、一々仲間に弁明していたのが、気の毒だが滑稽だった。
航空会社から100ドルほどの経費は出してくれたようだが。
ブラジルを発つ日になってやっと荷物は戻ってきた。

旅装が楽になったのに反比例して重装備になったのが、セキュアリティ・チェックである。
靴を脱がされ、持ち込める水分は100CC以下。
鍵やコインなど金属はすべえ体から剥ぎ取り、挙げ句にはベルトも外せと言われ、慌ててズボンまで脱ぎ始めて、前回のハワイの旅では失笑を買った。

入国管理も、殊にアメリカはヒステリカルである。
指名手配人に対するかのように、パスポートと見比べ、最近では指紋検査まで導入された。
前々回の訪米では、洗濯好きの配偶者の指は指紋が磨滅してプリントがとれず、危うく入獄拒否されるところだった。

国境のない世界はいつ来るのだろう。
そしてテロの温床となる、格差社会の是正される日は来るのだろうか?
今日もテレビは、アメリカの国防長官が、テロを防止するはずの米兵の残虐行為のお詫びにアフガンを訪れていると報じていた。
[PR]
by n_shioya | 2012-03-14 22:39 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented at 2012-03-14 22:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by HOPE at 2012-03-14 22:57 x
奥方の入国審査が「入獄」となっておられますが…
これはよもや「深ーいワケ」があったり…なんてことはないですよね
先生ジョークにしてはブラックすぎます
Commented by valkyries at 2012-03-15 15:36 x
先生、iPad使って入力してますね?変換ミスにご用心です・・・。
Commented by n_shioya at 2012-03-15 21:45
HOPE さん、valkyries さん:
変換ミスですが、これも味があるので残しておきました。


<< 余生はハワイ? なぜハワイ? >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム