ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
ドライヴと音楽
今度の車のオーディオはなかなかよく出来ていて、CDはチェンジャーでなく、メモリーに落とし込むようになっており、数千枚は収納可能である。
まだ百枚も入っていないが、ドライブ中、センターコントロールで、自在に切り替え可能なので、運転中はほとんどCDをかけっぱなしで、走るオーディオルームの感がある。

色々な曲を流していると、ドライヴ中のリッスニングに適しているものと、あまり繰り返し聴きたくないものがあることが分かった。
聞きたくないという中には、元来の作曲家や曲の好みもあるが、お気に入りの曲でも、続けては、とご遠慮するものがある。

結論から言うと、ベートーベンなどは、やはり構えて聞くので、高速などで単調な走行のときはよいが、街中でのストップアンドゴーには不適である。
だが、最近では家では何かと中断されることが多いので、クロイツェルやラズモフスキーなどは走るオーディオルームの方が楽しめる。
また演奏スタイルの違いなど、今まで以上に聴き分けられる様になった気がする。

注意が散漫になってドライヴ中は危険では、と配偶者は心配するが、むしろ反対のように思える。
音楽が響いていると、意外に視覚が全面の風景に集中するが、音がないと、視覚をつかさどる脳の部分が瞑想、いや迷走を始めてしまうような気がする。また、声楽曲のように、言語が入ってくると多少注意が散漫になるかもしれない。

その点、バロック例えばビバルディの四季やモーツァルトの器楽曲など、ドライヴ中には最適のようだ。
そしてこれは好みの問題かもしれないが、毎日のように鳴らしても飽きず、気が休まるのが、ナルシス・イエペソのギター曲である。

音楽療法という学問があるくらいだから、ドライヴと音楽の相性の研究もあってはいいのではなかろうか?
[PR]
by n_shioya | 2012-04-15 22:46 | コーヒーブレーク | Comments(7)
Commented by 御隠居@横丁 at 2012-04-16 09:24 x
音楽を聴くにとどまらず、スポーツにせよ、修行・荒行・念仏などなど、どれも結局適度に頭脳の活動を抑えることで迷走妄想しないようにしているような気がします。
無刺激の環境に置かれると、人は容易にそちらに行ってしまうそうで、それを悪用したのがカルトの洗脳でしょうし。
Commented by icelandia at 2012-04-16 19:39
それは言えていますね。私も何か軽く音楽がかかっていた方が集中して仕事ができたりします。が、ヨガだけは別で、あれは無音の方が自分に集中できる。不思議なものです。誰かそういうの研究してないのかなぁ?
Commented by 船長 at 2012-04-16 23:20 x
ランニングを最近始めたのですが、音楽を聴きながら走ることで
しんどさも軽減、集中できている気がします
ひょっとして「聴く」ということに
何かほかの感覚器や脳のプロセスにプラスになる違う働きがある
ということがあったりはしないのでしょうか?
Commented by n_shioya at 2012-04-21 22:12
御隠居@横丁さん:
なるほど。
Commented by n_shioya at 2012-04-21 22:13
http://ICELANDia1.exblog.jp/さん:
これからいたします。
Commented by n_shioya at 2012-04-21 22:14
船長さん:
脳の働きは奥が深いですね。
Commented by 中古車査定 at 2012-05-18 19:13 x
スパムばっかりであまりちゃんとした情報がゲットできなかったんですよね...でもこの記事のように読者にちゃんとした情報を届けてくれる記事は少ないのが残念です。参考になりました!ありがとうございます。


<< ネイルレッスン 学会を終えて・・・ >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム