ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
形成外科と美容外科
先週の学会の最後のセッションは「形成外科の修練が美容外科にどう役立つか」といったテーマだったとおもう。
“え、形成外科と美容外科は同じじゃないの?”といわれる向きも多いかもしれないが、形成外科には火傷、怪我などの外傷、そして唇裂等の先天奇形の修復などを扱ういわゆる再建外科のほかに、今ひとつの軸として美容外科が含まれるのである。

その区別は、対象とする醜形の原因が病気であれば再建外科、正常ならば美容外科ということになる。
とは行っても、用いられる手法はまったく同一で、また目的も美であるので、美容と再建を無理に分けるのはナンセンスという考えもあるが。

例えば正常の鼻を高くすれば美容外科だが、怪我でつぶれた鼻を修復する際、もとの鼻が形がよくなかった場合、無理して元通りの鼻を作るより、よりその人の顔にあった美しい鼻を造ろうとするだろう。これでも定義上は美容外科でなく再建外科になる。
このような混乱が起こるのは、再建を復元と同義語に捉えるからであろう。

だから、例えば交通事故で顔のキズを修復して、“これ以上は今の形成外科の限界です”、と患者に告げて、“では、この先は美容整形ですか”と言われるとがっくり来てしまう。
つまり、美容か再建かは原因による区別なので、怪我によるキズの修復は、何をどうしようと、定義上、再建と呼ぶことになっているからだ。

再建と美容の線引きはともかくとして、原因が病気にある再建外科の患者に比べ、正常な肌にメスを入れられる美容外科の患者の方が、一般的に結果に対する期待度が高い、つまりより洗練された技術が要求される厳しい分野である。
したがって、美容外科は再建外科に熟知した専門医が行うべきで、素人の医師が安易に手を出すべきでないというのが、今回のセッションの結論のようであった。

わけの分からない議論に聞こえるかもしれないが、要は、マスコミであくどい宣伝をしている、「自称美容外科医」の罠に引っかからないようにということらしい。
[PR]
by n_shioya | 2012-04-17 22:49 | 美容外科 | Comments(1)
Commented by HOPE at 2012-04-21 23:47 x
やはりむずかしい問題ですね…
私にはややこしくて…
悩みが解決するかしないかじゃないかと思ってしまうのですが
悪徳医師は絶対解決にはならないですよね?


<< アンチエイジングカフェ ネイルレッスン >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム