ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
定年は必要か?
このところ、祝賀会や記念パーティが続く。
今日は神戸大学の田原教授の退官記念パーティ。
教授のお人柄を反映し、豪華だが和やかな会であった。
b0084241_22143599.jpg

こういう時、誰もが迷うのは、どう挨拶すべきかである。
具体的には、おめでとうか、ご苦労様か、いや本当はまだ現職に未練があるなら御愁傷様か、など、当人の気持ちは様々でありうるからだ。
ま、来賓の挨拶を聞いていると、その辺は曖昧に、当人の功績をたたえ、これからの活躍も期待するような表現が大勢を占めるようだ。
皮肉な奴だと、そいつがいなくなってみんな喜んでるから、祝辞でいいんだというが、これは僕の場合には当てはまったかも知れない。

だが、医者の場合は教職にあっても定年は曖昧である。その後、関連の市中病院の院長など、70代まで歴任することが多いからだ。ま、これも一種の天下りの渡り鳥と言われてもしょうがないが。
まして開業医の場合は一種の自由業なので、定年は存在しない。
この辺が一般のサラリーマンと違うので、アンチエイジングで定年後の生き方を論ずるときに、十束ひとからげに出来ない難しさがある。
[PR]
by n_shioya | 2012-04-28 22:15 | アンチエイジング | Comments(2)
Commented by HOPE at 2012-04-30 02:09 x
サラリーマンに脚を突っ込んだ経験から…
よく言われる定年後、生き甲斐も居場所ももちろん収入も、そして仲間もなくなって家庭では居心地悪く…などなどマイナスがよく語られますが、
そんなに、"濡れ落ち葉"な方ばかりじゃないというのが現在の印象です
人生楽しもうとしてる人は、「絶対に変わらない自分」を大事にしてらっしゃるというか
多少の外的変化に強くて前向きですよね
確かにお医者さまは定年があいまいな部分は多いでしょうが、
やはり「色々な自分」をお持ちの方の方が更に医師という重いお仕事に厚みを持っていらっしゃるという印象です
Commented by n_shioya at 2012-05-01 22:54
HOPEさん:
結局は、自分の生活を持っていたかどうかの問題でしょうね。


<< 南蛮美術 出版記念会 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム