ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
訪れるべき場所1000選
b0084241_21221382.jpg

丸善の洋書コーナーでその本を手に取って開くと、パッとナンタケットの灯台が目に入った。
518番 “ナンタケットで夕日を眺めて“
とある。
「現世での時間を有効に」と言う旅行案内本だ。
一生のうちに訪問すべき選び抜かれたスポットが1000箇所,番号を付けて記載されている。
魅力的なのはフォトだけでない。その場所の最大の魅力がタイトルとして全面に押し出されている。
訪れるべき時間、季節。祭りなどの行事。ご当地名物の食べ物。そこでなすべき事。切り口は無数だ。

例えば“宵闇のルーブル” (64番)。訪れるなら水曜か金曜の夜だと言う。昼間の雑踏が嘘のように、静かに名画を鑑賞できるそうだ。
“ビールはブラッセルで”(60番)と言うのが、ベルギービールの紹介だ。
ベルギーはビール大国だ。ビアホールでただ「ビール」と注文すると、怪訝な顔をされると言う。色、味わい、銘柄など何百種類もあるからだ。
“砕氷船に乗って”(158番)と言うのはフィンランドの紹介で、真っ赤な防水着に身を固めた男達が北極海でぷかぷか浮いて昼寝を楽しんでいる。
“狼の遠吠えはイェローストーンで”(499番)と言うのもある。
メリーランドは“かに料理で口の周りはクワンクワンになるところ”(513番)らしい。

挙げだしたらもう、キリがない。
1000のうちこれまで幾つ経験したか?まだ100にも満たないようだ。

ところで、はじめに挙げたナンタケットの記載は、
「・・・ナンタケットですべき事はあまりない。だがそれがナンタケットの魅力だ。アイスクリームコーンを嘗め、貝殻を集め、潮風に吹かれ、ビーチまで自転車を走らせる。・・・」
そう、10年前ナンタケットで、僕たちはまさにそれらをやり、それだけしかやらなかったのだ。
[PR]
by n_shioya | 2012-07-12 21:23 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented by HOPE at 2012-07-14 09:21 x
なんとも素敵なご本
しかも読ませる楽しませる仕掛けがありそうで興味津々です
Commented by n_shioya at 2012-07-14 10:34
HOPE さん:
少しずつご紹介していくつもりです。


<< 片目の生活 ジェーン・エア >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム