ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
医師の適性
なにかにつけて問題とされるのは,「医師の適性」である。
入試の面接もその為にある。
だが,これがなかなか難題だ。
たかだか2,30分ほどの面談で,高校三年生の人柄が分かる訳でもない。
また,向こうは受験塾で模範解答を練習してきている。
ま,それを切り崩すのも面接官の手腕の一つだが。

そもそも医師の適性とは何だろう?
①まずは医学を修得する為の最低限の素地。
②そして患者に対する思いやりの心。
③そして倫理観

①に関してはペーパーテストである程度分かるが、僕の私見ではそれほど高度なものは必要ない。少なくも,今塾で指導するような,偏差値が高いから医学部進学を勧めると言うのは、本末転倒の邪道である。
むしろ「偏差値の化け物」のなかには、しばしば臨床医の資質に欠けているものが潜んでいることがある。

また③は,むしろ医学部に入ってからの教育の問題である。
これは医師としての倫理観であり,また最近の技術の発展で様々な手段が可能になったが,可能になったということとやっていいと言うこととには大きな開きがあると言うことの認識。が,これは専門の医師でもまだ結論が出せずに居ることが多い。

最も難しいのは②の人間性に関わる点である。
これがどこまで生来性のものか,医学部に入ってから習得可能なものか。また,どうやってこの優劣を面接で判断するか?

「医師の適性」と言うと,あたかも固定したもので客観評価が可能なように思うかも知れないが、たとえ在ったとしても,高校卒の時点でそれを期待することは無理だろう。
むしろ可能性に賭ける,つまり「医師の資質」と言う捉え方の方が実際に即しているのではなかろうか。
それを一言で言うのは難しいが,「人間嫌いでは駄目」だと言うことははっきりしている。基礎学者ならかまわないだろうが,臨床医はそれでは困る。

では,それをいかに面接で見破るか?
決して,決して簡単なことではない。
[PR]
by n_shioya | 2012-08-05 22:22 | 医療全般 | Comments(3)
Commented by HOPE at 2012-08-10 11:59 x
息子が受験生のころ…塾で成績がいいとやたらと医学部を勧められると聞きました。
また、子供たちが小さなころから学年に一人二人は「医師」「弁護士」になることを決められて(!)いる同級生がいました。
変だよね…という子供たちの感覚、悪くないと思っていますが、これって世間知らずと言われるのでしょうか?
Commented by n_shioya at 2012-08-11 10:11
HOPEさん:
このような土壌で育った若者に、医師としての自覚を持たせるのは至難の業でもありました。
Commented at 2013-04-01 04:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 女の痴漢に襲われる方法 御目出度う,寺師君 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム