ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
寡黙なる巨人
先日の自然屋の定食のフォト、遅ればせながらアップ。
このほかに刺身やサラダがあるのだが、画面から溢れるのでご勘弁のほどを。
b0084241_17392633.jpg

b0084241_17433086.jpg

さて今僕は、多田富雄氏の「寡黙なる巨人」を読み始め、改めて、二本足で歩き、自分で口から食事の出来る有り難さを想う。
ご承知と思うが、多田氏は世界的な免疫学者として活躍中のさなかに「脳梗塞」で倒れ、右半身不随となり、言語も食物摂取も不可能となる。
その地獄の苦しみを、科学者の冷徹な目でみつめ、流麗な文で綴る。
その強靭な精神力には、唯々頭が下がる。
b0084241_17411263.jpg

臨死体験、リハビリ生活、医療制度の矛盾など、自身脳梗塞予備軍としていろいろと考えさせられることが多いが、今僕の心をとらえていることは、「脳梗塞」は防ぐことは出来なかったのか、いやむしろ、一般論としての予防医学の難しさである。
「脳梗塞」の主たる原因は動脈硬化で、そのまた原因には高血圧、高脂血症、糖尿病が挙げられ、これすなわちメタボリックシンドロームと言う括りである。これらは生活習慣病とも言われるように、ライフスタイルによるところが大きい。
だがライフスタイルは一朝一夕に改まるものではないし、若い時は体も適応力があり、無理も利くが、加齢とともに適応力は衰え、いざ破綻を来す、またその兆候が現れた時は手遅れともなりかねない。

抗加齢医学に携わるようになって、これまで年相応と言われた機能低下も、多分に治療また予防も、理論的には可能なことが分かってきた。
如何に自分のライフスタイルを見直し、アンチエイジングのモチベーションを維持できるかがこれからの課題と言える。
つまり実践である。
[PR]
by n_shioya | 2012-08-16 17:44 | アンチエイジング | Comments(2)
Commented by HOPE at 2012-08-19 10:33 x
そうなんですよね!
情報も知識も溢れるほどにあるのでどんどん賢くなるかというと
実は生活には反映されないで頭でっかちになっていて
むしろ、「やらなくちゃ」というプレッシャーが増えて辛いです
習慣にする、ライフスタイルに組み込むことの知恵と工夫も知りたいです
それにしても自然屋さんの具がたっぷりには目が釘付けです
Commented by n_shioya at 2012-08-20 06:33
HOPEさん:
要するに息抜きのコツですよね。


<< 緑の空間 解放記念日 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム