ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
蝦蟇の一日
“どう、潮風に吹かれたくない?”
配偶者に声をかけると、
“丁度私もそう言い出そうかと思っていたの。”
衆議一決、相模湾の落日へ向けて車を走らせた。
55年も一緒に居ると考えることはシンクロしてしまうものだ。

我が家から南へ30分も走れば葉山海岸である。
長者ケ崎を過ぎたところで狭い坂を海辺に下ると、右手に地中海料理のプラージュ・スッドがある。
相模湾に向かって突き出たドーム型のダイニングは、夕日を望むには絶好のスポットだ。
b0084241_22213839.jpg

おもえば今日は蝦蟇の一日だった。
明後日のカトリック医師会での講演の準備で苦吟し続けたからである。
医師としての自覚に乏しい、不信心なカトリック信者が、「カトリック医師としての理想」について語らなければならない破目になったのは先日も書いた通り。
b0084241_22224066.jpg

「サテ お立会い、山中(さんちゅう)深く分け入って捕らえ来ましたるこのがまをば、四面(しめん)鏡張りの箱の中にがまを放り込む。サァー がんま先生、己(おのれ)のみにくい姿が四方の鏡に映るからたまらない。

己のみにくい姿を見て、びっくり仰天、巨体より油汗をばタラーリ・タラリと流す。かかる油をば ぐっと混ぜ合わせてこしらえたのが、お立会い、これ陣中膏はがまの油だ。」
と言う、筑波のがまの油売りの口上どおり、己の醜さと向き合って、タラーリタラーリと脂汗を流し続けたのである。

ま、とりあえず、以下の3テーマに整理してお話しする事にした。
①余は如何にしてカトリックとなりしか(これは内村鑑三の自伝のパクリ)
②美しき惑いの年(これは医師で作家のカロッサの4部作の自伝の第3部の題名)
③待て暫し、汝も憩わん(これはゲーテの詩より聖オーガスティンに想いをいたす)

これでは何の事かさっぱり分からない?
確かに。だから僕も未だに呻吟しているのです。
[PR]
by n_shioya | 2012-08-23 22:24 | コーヒーブレーク | Comments(5)
Commented at 2012-08-24 17:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by HOPE at 2012-08-27 17:25 x
ともすれば重ーくなりそうなテーマですが、タラーリタラーリなんておっしゃるほどのユーモアでお話し頂けるなら、やはりうかがってみたいですねぇ!
Commented by n_shioya at 2012-08-28 09:42
HOPEさん:
当分はたラーリたラーリが続きそうです。
Commented by n_shioya at 2012-08-28 09:43
hirotaka さん:
何処だったのでしょうか。
評判に関わらず、結果が好ければ良いのではないでしょうか。
Commented at 2012-08-30 21:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< くるみ割り人形 粋生(生き生き)クラブ >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム