ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
昨日の続き
どういう訳か僕は「奇跡の存在」に対する抵抗はない。
信じる信じないと言うより、あって当たり前ジャン、と言う感じである。むしろこの世で「物質世界の法則」が全てとしたら、詰まらないと言うか味気ないと言うのが本音である。

それに医者を長くやっていると、“生命そのものが奇跡”に思えてくる。
生命現象が分子レベルでそのプロセスが解明されてくると、これほど複雑な機能が、物質法則だけで合目的的に運営されている事自体が信じられないと言うか詰まり奇跡としか言いようがない。
それに比べ、いわゆる「奇跡」は、造物主である神が、勝手にそのプロセスをバイパスするだけなのだから、生命の仕組みを構築するより遥かに手順としては簡単である。
むしろ不満なのは、教会が「奇跡の問題」を避けて通っている感じを与えている事だ。

聖書を読むとキリストは何十回となく「奇跡」を行っているが、半分以上は病人の癒しである。しかも使徒達にはその能力が授けられ、使徒行伝によれば実際に異能を発揮している。
それが一、二代で途絶えてしまい、「神の代理人」である筈の教皇方もこの方面はあまり得意とはされなかったようだ。

もちろん医師免許を持たない信者が、バカスカ病人を治してくれては我々は飯の食い上げだが、やはりこの辺りは医師としてはっきりして頂きたいところである。

今日もイグナチオ教会の書店で探してみたが、事奇跡に関しては解説書は見当たらなかった。
やはり自分で聖書を、眼光紙背に徹するほど読み解かねばならぬかと思うが、これが又大事業である。
昔指導司祭から、聖書の記載は
①歴史的事実か
②教訓か
③信仰に関わる秘儀なのか
一つの事柄の記述でも、三様の取り方があると言われたのを思い出して、呻吟している。

なんと愚にもつかぬ事を、と思われるかも知れないが、いよいよ「隠れキリシタン」の仮面を脱いで、カトリック信者としてカミングアウトを考えている医師にとっては深刻な問題である。
[PR]
by n_shioya | 2012-08-26 21:42 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented by HOPE at 2012-08-27 17:18 x
なるほど!見方による…部分は大きいです
でも、奇跡はあって当たり前と思えば素直な目で見られて、マヤカシにひっかかることもないかも…などと思ってしまいました
物質的なこと、世俗的なことが心の目をくもらせることはいかにもありそうですから
Commented by n_shioya at 2012-08-28 09:40
HOPEさん:
僕も聖書の不都合な箇所をバイパスするの早めに使用と思い始めています。


<< 海外医療ボランティア活動 キリストの奇跡:私見 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム