ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
HowからWhy?へ
50年前の夏。
ロッキー山脈で家族でキャンプ生活を楽しんでいたとき、隣のテントで親子が何やら言い合っていた。子供は小学生だったか。
何か子供の問いかけに、アメリカの親によくみられるが、一人前の相手としていちいち理由を説明しているようだ。それに対し子供はwhy?そしてまた、why?と畳みかける。
ついに親父も我慢ができなくなったのか、
“Because I said so!”と怒鳴り返した。

今それを思い出すのは、最近では反対にwhy?があまりにも少なくたってしまった気がするからだ。
その代わりに情報氾濫で、howが先行し、もっと手軽な「ハウツー」に堕してしまっている。

例えばアンチエイジングがそうだ。
老化の原因が多少解明(how)されると、すぐ飛びついてビジネス化(ハウツー)に走る。
アンチエイジングを「健康長寿」と捉えても、“何故年を取るのがいけないのか(why?)”の問いかけもなく、まして「健康長寿は何の為(why?)」と言う掘り下げもない。

もちろん、人間には答えの出せない「why?」は幾らもあるが・・・
数年前、筑紫哲也が子供を集めての討論番組で、「何故、人を殺してはいけないのですか?」と子供に聞かれ、グッと詰まったのを思い出す。
「唯物論」に立ってこれに答えられる人はいるでしょうかね。
[PR]
by n_shioya | 2012-09-22 22:34 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented by 御隠居@横丁 at 2012-09-23 10:15 x
物理学はhowには答えるけど、whyには答えない。
重力の法則を記述するけど、なぜかはわからない、それは哲学だ。
などといいますね。自然科学はみなそうでしょう。
先生が最近熱心に読んでおられる発生生物学もそうでしょうし。
子供というのは自己中心なので、自分なりに解釈したくてwhyになるのでしょうね。
おとなでも、科学の進歩の上で、whyを考えることにより、より詳細なhowを調べる指針になってきたと思います。
Commented by n_shioya at 2012-09-25 22:19
御隠居@横丁さん:
確かにwhyは哲学の世界ですね。でもそこでも回答が得られなければ、宗教となりますか。


<< モナリザ 白髪にはコラーゲン17? >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム