ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
百才まで生きて何になる1
「百才まで生きて何になる!」と喚いても、近々101才を迎えられるかの有名な先生にケチをつけようと言う訳ではない。
先生は見事はな百寿者である。
頭脳も明晰である。
講演をされても、一時間、舞台の上を駆け巡り、あれこれ話しは飛ぶようでもちゃんと繋がって、一時間ぴったりで終わらせる。
たいしたものだ。並の若者にはあの真似はできない。

僕が気に入らないのは、「百才まで生きられるなんとか」と言ったハウツーものの氾濫である。
人には天命がある。何か一つを守れば百才が保証されるというのはおこがましい。
其れこそ、今流行のエビデンスはあるのか、と言いたくなる。

しかも今の日本の社会、無理して百才まで生きて何のいい事があるか、と言いたい。
視力、聴力は衰え、自力で歩くのもままならず、若者からは社会の重荷のように扱われ、食い扶持である年金さえ削られようとしている。

更に言えば、ウイスキーでも年代を経るほどに値段は急上昇し、また、樹木でも、千年の屋久島杉は皆が仰ぎ見るというのに、何故人間だけは年を経るほどに屑に近づかねばならぬのか。

もちろん、野上弥生子のように百才直前まで執筆活動を続けたり、三浦雄一郎の父君のように百才過ぎてもゲレンデを飛び回った方も居られる。
だがこの方達は、健康に留意しながらもご自分の好きな事をひたすら続け、気がついたら百に近づいたの言うのが本音ではなかろうか。

アンチエイジングは一口に「健康長寿」が目的と言う。
だが、長寿そのものが目的ではなく、健康寿命を心がけて、結果的に長寿に繋がるのでなければおかしいと思う。
[PR]
by n_shioya | 2012-09-28 21:25 | アンチエイジング | Comments(2)
Commented by 序破急 at 2012-09-28 22:29 x
都立松沢病院には、病気や怪我で身障者になって人生設計が破綻したため、自殺防止のため精神安定剤を処方してもらっている人たちがいて、どうせ無意味な人生になってしまったけど、細くしか生きられないのだから、せめて長く生きたいと言ってました。
認知症でも植物人間でも、生きていたい人とか生きていてほしいと願う家族もいます。
ただ長生きする意味もあるのです。
また、充実した人生というと聞こえはいいけれど、それが大変な重圧となっているのも現実だから、安易にそうであるべきと言うのはやめようと最近では指摘されてます。
Commented by n_shioya at 2012-09-29 08:27
序破急さん:
おっしゃる事はよくわかります。
人生の価値観ほど人によって開きのあるものはないでしょう。
その意味で、軽々に他人の価値観を忖度するのはおこがましいかもしれません。
ブログは80才の僕の、今のおかれた状況での感慨とおとりいただければ幸いです。


<< アンチエイジングの 泣き所 滝川奨学金 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム