ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
アンチエイジングの 泣き所
アンチエイジングの難しさはまず、当人のモチベーションの維持にある。
肺炎や癌などの疾病治療と違い、ターゲットが曖昧で、又痛みなどの苦痛がある訳でない。
ただ何となく調子が良くなるとかいう曖昧さ、また将来認知症の予防になるとか、健康長寿とか現時点ではあまりピンとこない未来への投資という面が強いからである。

現実に、今アンチエイジング医療で活躍されている方は、ご自分で健康上の問題があったりして、自分の問題解決の為に関わるようになった方も多い。僕みたいに、幸か不幸かあまり病気で苦しんだ事のないものは、どうしても有言不実行になりがちである。

ところで最近はアンチエイジングでビジネス展開をしたいのだが、という問い合わせが多い。
これが又難題である。

既存の分野にイメージ的にアンチエイジングをかぶせるのならまだしも、本格的にアンチエイジングを軸に据えようとすると、何をもってアンチエイジングとするかのそもそも論から入らねばならぬからである。

また、大方のアンチエイジング医療は自由診療で保険は利かない。アンチエイジングは予防医学の前段階、「未病」と呼ばれるステージだからである。
保健医療に馴染んだ一般の方にとって、たとえ将来のためとはいえ、ドックや治療にそれなりの出費をというのは抵抗がある。また、本当は必要とされる50代の方々は仕事盛りで時間も割きにくい。

しかし個人の福祉と社会的貢献を考えると、病気になってから多額の医療費を割くよりは、予防医学の前段階、「未病」の時から手当をした方が、総体的には費用対効果はあがる筈なのだが。
ドイツなどではスパの保養は年に2週かほど保険の対象になると言う。
だが、今の縦割り行政では、何処へこの提案を持ち込めば好いのか、それすら判然としない。
[PR]
by n_shioya | 2012-09-29 19:13 | アンチエイジング | Comments(3)
Commented by HOPE at 2012-10-01 07:50 x
本当におっしゃる通りですね
日常に組み込むことが一番難しい気がします
どんどん頭でっかちになっていくというか…今アンチエイジングというと単なる外見をいじくることに関する話題ばかりで、このままだと単なるブームで終わってしまうんじゃないかと気持ちが悪いですね
Commented by 頭痛対処の★吉野 at 2012-10-01 17:55 x
色々ややこしいんですね。でもアンチエイジングはだれにとっても夢ですよね。
Commented by n_shioya at 2012-10-04 10:26
HOPE さんhttp://zutuukaisyou.info/236.htmlさん:
まあ、できるだけ頑張ってみます。


<< 戦後史の正体 百才まで生きて何になる1 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム