ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
マリーエンバートの悲歌
今日の気晴らしはヴァルザーの「マリエンバードの悲歌」。
かの有名な,74才のゲーテと55歳年下である19才のウルリーケとの恋物語である。
結局は老詩人は振られてしまうが、そこはゲーテ。その顛末をエレジーに仕立て,ガッポ、ガッポと印税を稼いで元を取っている。
なに,僕に言わせればスケベじじいの御乱行に過ぎないのだが、そこが詩聖と凡人との違い。
だがその違いも,首から上の問題で,臍から下の行為に変わりはないので,凡人としては釈然としない。

この顛末を小説仕立てにしたのが本書である。
著者のヴァルザーは日本ではあまり知られてないが,ドイツでは著名な作家のようだ。
生身の人間としてのゲーテとウルリーケを描き出し,かつ著者自身の詩観を両人のやり取りを通じて展開しているので,なかなか読み応えがある。
[PR]
by n_shioya | 2012-10-30 21:31 | アンチエイジング | Comments(2)
Commented by HOPE at 2012-11-02 06:47 x
すけべじじい、印税ガッポガッポ…凡人には踏み入れられない世界です…
Commented by n_shioya at 2012-11-10 07:28
ホープさん。やはり非凡という事ですかね。


<< 脳味噌の不調 読書の秋 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム