ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
食とアンチエイジング
寝たきりの生活が続くと食の好みが変わってくる。
上半身は至って健康なので,食欲は依然旺盛だがあまり甘いものが欲しくなくなった。代わりに肉が無性に食べたくなる。
裂傷、打撲、骨折と全身の損傷が治癒過程に入って,活動の為のカロリー源より、組織再生の原材料としての動物蛋白を必要としているらしい。

アンチエイジングの立場からは,「食と運動」が二大柱とされているが,こと「食」に関しては諸説紛々で我々でも何を信じていいのか迷ってしまう。
と,うっかり「信じて」などと言ってしまったが、本来は医学的な根拠の有無の問題の筈だ。だが,よく調べるとダイエットの関しては、殆どが所謂エビデンスに乏しいものが多い。
これは健康法の全てに当てはまるが,多くの場合其の提唱者自身が何か健康上の問題を抱え,其の方法で自分が救われたという事を軸に,全てに敷衍している事が多い。

例えば「玄米菜食」と言うか,「自然食」がここ暫く主流であったが,最近ではいや炭水化物をやめて肉を食うべきだとか、“日に一食”と言った「饑餓食」の勧めも横行している。この問題に限らず,とかくマスコミは極端な主張に飛びついてこれを煽り,視聴率アップを計るのでかなわない。

いちいちカロリーを考えたり,栄養素を意識していると飯がまずくなるので,定説のない現状では僕はこう割り切る事にしている。
①美味しいと思って食べれば何でも栄養になる
②だが,量は程々に
③人と自分は違うので,まず自分の身体に聞け。つまり自分の味覚とか,食欲とかを尊重せよ。
④ただしこれら全ては常識の範囲内で。

如何でしょう?
[PR]
by n_shioya | 2012-11-16 21:12 | 食生活 | Comments(7)
Commented by 御隠居@横丁 at 2012-11-16 21:47 x
文句のつけようがありません。
Commented at 2012-11-17 03:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2012-11-17 21:47
御隠居@横丁さん。お褒めにあずかり光栄です。
Commented by n_shioya at 2012-11-17 21:48
ハドソンさん、有難うございます。
Commented by HOPE at 2012-11-20 08:30 x
「組織再生の原材料として動物タンパク」
なんだかなるほど!と感心してしまいました
子育てしているときに「子供が食べたがるものは身体に必要なもの」と言われたことがありますが、年齢関係なくその感覚を維持していらっしゃるということでは?
Commented at 2012-12-11 16:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2012-12-12 08:32
PEGAさん:そうです。僕にとって女性抜きの食事など、クリーム抜きのシューを食べさせられるようなものです。


<< グランプラス〜世界一美しい広場 ソーホーのバルタザール >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム