ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
トスカーナとワイン
海外を旅しての喜びの一つは,現地に溶け込んで活躍されてる方々との出会いである。
其の中には,それを基盤に更に日本への貢献に励まれている方もある。
其の貴重な日本人の一人が,トスカーナで農園を営んで居られる宮川さんだ。

僕が宮川さんとお会いしたのは10年ほど前だったろうか。
ボローニャの学会の後,共通の知人の紹介で,トスカーナの地中海沿いの村、スヴェレットの農場にお訪ねしたときである。

宮川さんは若い頃、バイクでヨーロッパ旅行の途中、イタリアの新車展示会のマスコットガールだったマリーザと出会い、結婚し,やがてカーデザイナーのジュージアロと一緒に,トリノでイタル・デザインを経営するまでになったと言う。

農場の運営はマリーザの仕事のようである。小柄でかわいらしいマリーザは,中身はイタリア風の肝っ玉お母さんで,ご自分の子育てだけでなく,日本の引き蘢りや登校拒否児童を一定期間預かって、トスカーナの原野に放って,子供らしさを取り戻させる試みをされていると言う。
又,近くの山にお城を所有され、おそらく昔の領主の館だろうが,そこに日本人の学生を泊めて、イタリア観光の拠点として役立たせている。

我々夫婦がお世話になったときは,丁度芸大の建築の助教授が学生を引き連れて其のお城に滞在していた。
「イタリア建築」の勉強だそうだ。
我々も一日,見学ツアーに参加させていただいた。
トスカーナの街は皆小さな山の上にある。そして其の街々は、モンテプルチャーノ,モンタルチーノ等、皆日本でも馴染み深いワイナリーでもある。昼間からワインの試飲で千鳥足になりながら、古い石畳の路地を踏みしめて,イタリア建築の見所の説明を受けることは,まことに楽しい経験だった。
“私はトスカーナが大好きです。よく、トスカーナの空を鳥のように飛んでる夢を見ます。”とその助教授が言われたのを思い出し、僕も今宵は「レム睡眠」の時、トスカーナの空を飛び周りたいものと念じている。

[PR]
by n_shioya | 2012-11-28 22:20 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented at 2012-11-29 04:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2012-11-29 08:01
僕も半年は覚悟してます。ということは四月ごろでしょか?
又モナコの学会があるのですが、、、
さて、今夜は何処にいきましょう
Commented by マッツ at 2012-11-29 19:51 x
今夜はトスカーナでしたか。ここは、なぜ自分がそこに住んでないのだろうか、と嘆きたくなるほどに美しいですね。

同じトスカーナで、シエナやフィレンツェはお好きですか?

オリーブの枯れ枝で焼いたビステッカ・アラ・フィオレンティーナの香ばしさといったら、、、
Commented by n_shioya at 2012-11-29 21:08
マッツさん。トスカーナならどこでも。名前だけでメロメロになります。


<< イギリスの名城カナーフォン やはりシャネルはスパイだった! >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム