ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
「せむしの子」
今日は不思議な話を一つ

「昔あるところに一人のせむしの子供がいました。
みんなと遊ぼうとしても、はやし立てるだけで、みな逃げてしまいます。
ですからせむしの子供は何時も一人ぼっちでした。
せむしの子供はさびしくて、さびしくて食事ものどを通らなくなりました。
来る日も来る日も何も食べないので、だんだんやせて、しぼんでいき、ついに天に召されてしまいます。

さて、せむしの子供が目を覚ますと、あたりはかぐわしい花々でいっぱいです。
そしてたくさんの天使たちが、一緒に遊ぼうよとせむしの子供を誘います。
“いったいここはどこなの、何で君たちは僕を仲間に入れてくれるの。”
天使たちは異口同音に答えます。
”ここは天国、僕たちは天使。君も天使の一人なんだ。
君の背中のこぶの中には天使の羽根が隠されていたんだよ。”
見ると、自分の背中にも、皆と同じように一対の羽根が羽ばたいています。
せむしだった天使は、妙なる調べの中を、みんなと一緒にうれしそうに天空へ飛んでいきました。」

これは20世紀初頭のドイツの外科医フォルクマンの創作した童話だとされている。
当時はクル病やカリエスで、せむしが多かったに違いない。この言葉すら今では禁句のようだが。
アメリカでインターン時代、外科雑誌で読んで心を打たれ、いつか誰かこれを下敷きに、子供の絵本を作ってくれないかな、と思い続けてきた。

どなたかチャレンジしませんか?
もう、版権は時効だと思いますよ。
[PR]
by n_shioya | 2013-01-22 21:04 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented by HOPE at 2013-01-23 08:38 x
絵本はもうからないから…と言った方がいましたが
どちらかというとそういうことでつくるものではないと思うのが絵本です
絵本の持つ真理みたいなものが強く感じられることもありますね
Commented by n_shioya at 2013-02-06 10:26
HOPE それでも、というかだから絵本は根強いファンがいますね。


<< 「危険なメソッド」? 「赤い靴」 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム