ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
「結婚式を12ドルで済ませた男」
その電話がかかってきたとき、僕はフォート・オレンジクラブにいた。
オルバニーでは最も格式の高い女人禁制のクラブで、ここでは年に何回か、インターン・レジデントによる研究発表会が催され、そのあとは教授達のおごりで豪華なダイニングルームで、ステーキディナーにありつく習わしになっていた。
b0084241_2103611.jpg

ちょうど運ばれてきたステーキにナイフを入れようとしたとき、教授が大声で叫んだ。
“おい、シオヤ、東京のフィアンセから電話だぞ!”
僕は電話室へすっ飛んでった。
まだ、国際電話が今のように即時通話でなく、まず電話機の前で待機する。やがてしゃべり始める音声も強弱の波があった。
“私達今日結婚するの。”電話の向こうで彼女が言う。
“何だって?そんな馬鹿な。”

途切れ途切れの話を繋ぐと、どうもこういうことらしい。
その頃は観光はおろか、フルブライトなど留学生にならない限り、どんな形でも渡米不可能に近かった。
フィアンセなどは通用しない、配偶者となってしかるべき手続きを踏まねば、ビザの申請は出来ない。
7月にこちらで予定してる結婚の為には、半年前の今、日本で入籍しておかねばならぬという。
そのため代理人をたて、これを英語ではプロキシーということはあとで知ったが、今朝これから手続きに行くという。
なるほど時差の関係で日本は今、朝だ。
“じゃあ宜しく頼む。といって電話機を置いた。
その間12分。当時の料金で12ドルだった。

どうしたんだ、と皆が寄ってくる。
かくかくしかじか、と説明すると、そこはヤンキーである。
“コングラチュレーション!”と口々に叫んで、グラスを響かせる。

で、“花嫁は海の向こうだろ”。“何時おいでになるんだい?”と姦しい。中には、“それで今宵はいかがお過ごしに?“、など無礼なことを聞く奴もいる。

その後しばらくは、「結婚式を12ドルで済ませた男」と、からかわれ続けた。
今から半世紀前、正確には57年前のことである。
もちろん彼女が無事到着してから、改めて教会で式を挙げたが、その時の紆余曲折の詳細は又別の機会に。
[PR]
by n_shioya | 2013-02-09 21:01 | コーヒーブレーク | Comments(1)
Commented by HOPE at 2013-02-10 09:10 x
なんて素敵なお話なんでしょう!
うれしくなってしまいました


<< 「12ドルの結婚」その後 「ムンテラ」とは? >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム