ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
バレンタインデーの収穫
大好きな女の子達から、大好物のチョコレートが続々届く。バレンタイン・デーは一年で最高の日である。
「本命」だとか、「義理チョコ」だとか、「お菓子屋の陰謀」だとかそんなことはどうでもよい。こちらはただ、ただ感謝して全て「本命」と信じて有り難くいただいてます。
しかもこのところ、店に置かれるチョコレートの種類が急に豊富になったし、専門店の数も増えた。
うれしいことである。
b0084241_218079.jpg

酒が苦手で、甘い物好きの僕は、チョコレート無しには、そしてそれを下さる女の子無しには、生きていけない。
しかも人と違って、チョコレートを食べないと寝付けないといったら言い過ぎかな。
どんなときでも、デザートだけは手抜きをしないでチョコレート・ケーキにパクつく僕を見て、お前が糖尿病でないのはフェアでないとよく言われる。
血糖値もまあまあ正常範囲内だし、最近の血糖の指標である[ヘモグロビンA1c]も何とか上限すれすれでおさまっている。

ここでチョコレートから突然“バッチイ話”に飛び火するが、学生の頃講義で、「汲み取り屋さん」がその家の住人の糖尿病の発見することがあるという話しを聞かされた。
水洗便所が普及する前、「バキューム・カー」というものが街を走り回って、「汲み取り便所」の清掃をしていたのを覚えている方は少なくないでしょう。
だが、その昔は「バキューム・カー」の代わりに、木の樽を満載したトラックが家々を回り、「汲み取り人」が木の柄杓で便槽から汲み取っていたものである。
家に糖尿の人がいると、糖分豊富な尿が混入するため、汚物がねっとりと糸を引くようになり「汲み取り屋さん」が先に診断を下すこともあったというわけだ。
これをファーデン・チーエン(糸・引く)と言うのだ、と内科の教授はのたまうたが、和製ドイツ語かもしれない、ドイツが「汲み取り便所」だったとは思えないので。

今日はつい嬉しさのあまり、“ギブ ミ チョコレート!”と米兵にねだったやるせない昔を思い出し、文字通り味噌も糞もいっしょにして、せっかくチョコレートを下さった方には申し訳ありませんが,僕の申し上げたかった事は、“例えA1cが急上昇しても、更にはファーデン・チーエンになっても悔いの無いほど、皆さんのチョコはおいしかったですよ”と言うことである。
[PR]
by n_shioya | 2013-02-14 21:09 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented at 2013-02-15 00:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by HOPE at 2013-02-17 09:57 x
チョコレート、お菓子会社の陰謀かと思っていましたが、
こんなに素直に喜んでくださる方なら差し上げる甲斐もありますねぇ


<< 「家に三男ニ女あり」 モナリザの微笑 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム