ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
「男性ホルモンの守護人」
僕の関係しているクリニックでは、畏友熊本名誉教授の指導で男性更年期外来が設けられ、最近は人気急上昇である。
先日外来でたまたま友人を見かけたので、“君も?”と聞くと、
“やあ、じつは半年前からちょっと、”と頭を掻いている。
検査の結果、テストステロンのレベルが低かったので、ためしに補充療法を始めたら、至極調子がいいという。
“どんなふうに調子が?”
“いやぁー、それは・・・わかるだろう。それより君もどうだい?”とニヤリとする。
b0084241_21402840.jpg

「男にも立派な更年期障害がある。
女性と違って男性の場合、あるときストンとホルモン レベルが落ちるのでなく、徐々に低下するので、それと自覚されないが、しばしば鬱の形を取るとは前に書いたとおりだ。
ともかくホルモンを補充すれば、元気が出てくる。そもそも「男の闘争心」というのは、男性ホルモンのおかげだ。
よく年を取って人間が丸くなったなど言うのは、俺に言わせりゃ、男性ホルモンが欠如してきたということさ。」
熊本大先生の持論である。

確かに僕も昔ほどカッカしなくなったと、弟子達にいわれる。
だが、闘争心が欠如しているのは子供の頃からのように思う。
生まれつき勝負事には興味がないし、「負けん気」というものの持ち合わせがなかった。
小さい頃、よくお袋から、男のくせにとか、覇気がないとどやされた。
僕のお袋は僕とは反対に、負けん気の塊で、昔からなんでも一番、というタイプだったようである。「女々しい息子」が歯がゆくてならなかったようだ。
「負けじ魂」では、親父はもっと強烈だった。
そのハザマでの惨めな幼児体験を僕は長いこと引きずって生きることになる。
いまだに宿無しの浮浪者に一種の憧れを感じるのはそのせいかもしれない。
きっと子供のときから男性ホルモンは情けないレベルだったに違いない。
いまからでも一度ホルモン検査をやってみるか。

だが、低いからといってどうする?
いまさら闘争的になっても、「暴走老人」では害があるだけじゃないか。
それに、ポンコツのエンジンに、無理してハイオクのガソリンをつぎ込んだところで、回転速度が上がる前に、エンジンがへたってしまうのではなかろうか。
それよりむしろ、闘争心を煽るのが男性ホルモンなら、世界の元首達から睾丸を抜き取れば、すぐにも世界平和が来るのではなかろうか。
さしあた北朝鮮やイランの「頭目」あたりから。
そして株価を操作して、資産世界一を目指している「金の亡者」からも。

[PR]
by n_shioya | 2013-02-21 21:40 | アンチエイジング | Comments(0)


<< 「粗大生ゴミ」の雄叫び! 「同時通訳の世界」 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム