ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
貴方はUFOを見ましたか?
b0084241_20442573.jpg

以前、学会で福岡に泊まった際、一晩空きが出来たので、思い立って郊外に住む叔父を訪ねることにした。
叔父は九大の農学部の教授である。僕の進路決定なども含め、折に触れて助言を求めてきたいわば僕のメンターである、
同じように暇になった同行の助教授を誘ってみた。
“ どう、付き合わない?チョット変わった叔父なんで、上がらずに玄関口で失礼するけど。”
助教授の最大の勤めは、教授の無理難題に従うことである。
“ へー” という気のない返事が返ってきた。

叔父の家はホテルからタクシーで20分ほどのところにある。
玄関を開けると、
“よう、信幸よく来たな。じつは最近の研究ではキリストは「火星人」だということが分かった。まあ、上がれ。”
のっけからこうである。
しょうがねえ、と助教授に目配せし、二人で叔父の書斎に入った。
机の上には広辞苑ほどの厚さの辞書がおかれ、背表紙には宇宙語辞典と書かれてある。
言い忘れたが、叔父は「心霊科学協会」の理事長を務め、UFOつまり空飛ぶ円盤の権威でもある。
ちなみに叔父をこの世界に引きずり込んだのは僕の親父で、子供の頃は家に霊媒とか、占い師とかいわゆる霊能者の類がたむろしていたので、僕が過酷な幼児体験というときは、「玄米菜食」だけではなかったことを付け加えておく。

キリストの正体を明らかにしてから、話はUFOとの交信法に移った。
適当な気象条件のとき、しかるべき場所である呪文と唱えるのだそうだ。マントラ、マントラとか言う呪文だったと思う。
“それで叔父さん、本当にUFOと連絡は取れたんですか?”
“いや、それがな信幸、まだなんだ。”
そのときの叔父の顔は実に残念そうて、聞かなければよかったとあとで深く後悔したほどである。
その叔父も10年ほど前、前立腺癌でなくなった。今頃は叔父が生前から交流を図っていた「死後の世界」で、UFOの乗組員と劇的な会合を果たしていることを僕は望んでいる。
[PR]
by n_shioya | 2013-03-06 20:45 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 「お若いですね」と言わせよう 美人記者、又の名は「女刺客」 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム