ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
カー・セッX
僕はルームメートのオスカーと肩を組んで窓の外を眺めていた.
初秋の夕日が,柔らかく飴色に中庭を染めている. 目の前はインターンの駐車場で,病院前の大通りの並木が日差しを受けて,オンボロ車の列に縞状の影を投げ掛けている.
b0084241_19231296.jpg

オスカーはグァテマラからの留学生で,前の晩二人で派手に喧嘩をし,仲直りをしたばかりだ.
何,原因は夫婦喧嘩よりもたわいない,つまりお互いの靴下が臭いの臭くないのというのが発端だった.
今晩は二人共当直で,明日の夜まで籠の鳥である.

こうして外を眺めながら,オフになって手など繋いで楽しそうに車に乗り込むカップルのお相手の品定めをやっている訳だ.
我々二人はまだ車も免許ももっていない.
あ,クメジャンが出てきた.一緒に手をつないでるのは,や,教授秘書のスーザンじゃないか,あの女先週は・・・といつもながら,こういう事にはオスカーの目は早い.
こうして眺めていると,インターン仲間の女出入りの様が手に取るように分かる.

“アメリカに残された唯一の奴隷制度”といわれていたインターンの生活は朝六時にスタートする.
トーストをコーヒーで流し込み,採血などすまし,七時からの回診が終われば,すぐ八時から手術場だ. 昼飯は運が良ければ手術場でありつくが,下手をすると夕飯も抜かし,真夜中のスナックがその日初めてのまともな食事となることもしばしばである.
手術が終われば翌日の手術患者が,どっと入院してくる.そのワークアップや血算が真夜中まで続く. もし当直なら,その合間にも急性腹症,顔面骨折,熱傷とどんどんお構いなしにかつぎこまれる救急患者の応対に忙殺される.

だからオフの日には完全に解放されて,思い切り羽根をのばす,というのはスタミナのあるアメリカの連中で,僕のような東洋の君子国からのインターンは,一晩おきの徹夜の当直の合間はともかくぐっすりと眠りたい,ただそれだけの望みしかなくなるのだが. さすがオスカーはラテン民族である.大変情熱的である.
車も無く英語は碌に話せないうちからデートにせいだしてきた.だが情熱を維持するためには,やはりお相手の新鮮さは不可欠な要素らしい.
そこで御用済みとなったお相手の怨み辛みを綿々と聞かされるのが僕の役目だった,といっても電話口での話だが.
ともかくオスカーはオフなら部屋に居たことがない.

さてクメジャンと今宵のガールフレンドは,ポンコツのキャデラックに乗り込んでアクセルを吹かし,排気ガスを撒き散らして,ニュースコットランド・アベニューに飛び出していく.
「よし俺も今度こそ免許を獲得するぞ.」とオスカーがうめいた,「それにしても,なんであんなでかいのに乗るのかな,ガソリン代がもったいないぜ.」

日本とは比較にならないが,ニューヨークの運転免許は他の州に比べて厳しいほうである.オスカーは言葉のハンディの他に,興奮しやすいラテンの血が災いして,試験官とやりあって二度失敗している.
二週間後,三度目の正直で免許証を獲得したオスカーはすぐに小さいポンコツを手にいれた.
その車で初めてのデートの後.僕は首尾を聞いた.
「ああ、なんとかなった,だがクメジャンがでかい車を使う訳がよくわかったよ」.と彼は苦笑しながら苦しそうに腰をさすっていた.

ざまあみやがれ、口元まで出かかったのを僕はぐっとこらえた。
[PR]
by n_shioya | 2013-03-10 19:25 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< カー・セッX チキン・カチャトレ >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム