ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
ピンピンコロリを願って
「ピンピンコロリ、ピンコロリ」などいうと、子守唄めいているが、じつはこれはれっきとした厚労省の、21世紀に向けた健康日本のスローガンである。
略してPPK。これもまた、国連軍か秘密結社めいてあまり響きはよくないが。
b0084241_21183878.jpg

アンチエイジングの目的は、繰り返し言うように老化の進みを緩やかにして、つまり健康寿命を長くピンピン保ち、要介護の期間を短くコロリといってもらおうという政策である。
なかなかそううまくいくとは限らないが、体と頭つまり、体力と脳の働きをなるべく健常に保つのが、アンチエイジングの最大の眼目であることに違いはない。
ところでピンピンは努力と医学の助けではある程度は達成できるが、コロリが難しい。
コロリを医者が助けようとするといささか物騒な発想にもつながるからだ。

平均年齢80歳として、最後の5年間が要介護というのは、世界的な先進国の平均とされている。ここをいかに短くし、本人の尊厳とQOLを維持するかがこれからの大きな課題である。
合法的にコロリを保障してもらえないものか、配偶者とよく話し合う。
105歳と99歳と長命であった父母の、介護施設での「旅路の果て」を二人でつぶさに眺めているので。

望ましいのは身辺を整理して外国旅行にでも出かけ、搭乗したジェット機が運良く空中爆発をおこし、太平洋上かスイス・アルプスの真上で散華するのはどうかなど、不届きなことを真面目に考えている。
だが、このようなフライトを探すのは至難の業だ。
もっといい知恵は無いかと、試しにグーグって見ると・・・
あった、あった、長野県の光明寺に「ピンピンコロリ地蔵」と言うのが。
平安時代のものというから、人の考える事は何時の時代も同じようだ。
体調が快復したら、一度夫婦でお参りに行く事にした。
だが、ご利益に与かると、ブログやFBでご報告出来なくなるのは残念ですが。
[PR]
by n_shioya | 2013-03-16 21:18 | アンチエイジング | Comments(0)


<< 「先生は恋愛結婚ですか?」 心の平和 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム