ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
男の更年期障害
「男にも更年期障害はあるか?」と聞かれれば、そういう設問をする以上あるのかな、でもそれは女の専売特許のはずだし、と怪訝に感ずる方がほとんどではなかろうか。
でも男女同権の時代だから、女性にあるものは男性だってあっていいはず。
そのうちテクノロジーが進歩すれば、男でも妊娠出産が可能になるかもしれない。
など、悪い冗談は別にして、かってはヒステリーは女にしかないとされていたのはご存知だろうか。

19世紀の終わりに、フロイドが男にもヒステリーがあると発表したときは、非常識だと非難ごうごうだったという。その理由は、ヒステリーの語源はギリシャ語のヒステラ、つまり子宮からきている。子宮を持たない男にヒステリーはありえないという、なんかこっけいな理屈がまかり通っていたのである。

b0084241_20584250.jpgさて、男にも立派に「更年期障害」があるし、その対策も進んでいるというのが、泌尿器学界のプリンス、順天堂大学兼帝京大学教授、堀江重郎先生の主張である。
先生のお話を要約すると、
「女性の場合は閉経期には急激に女性ホルモンの分泌が低下し、ほてりだのいろいろな身体症状が出るが、男性の場合は男性ホルモンは徐々に低下するが、女性のようにストンと落ちることないので、急激な体調の変化がなく、それと意識しないだけの話である。
疲れやすいとか、集中力がないとか、なんとなく働く意欲がないとか、いわば[欝状態]になる人が多い。
原因が分からぬまま、だんだんと落ち込んで重症の欝になり、これは更年期障害ですよ、男にも来るのですよと言われただけで、急に心理的に楽になって回復に向かう例もしばしば見られる」という。
ま、なるべくストレスを避けるとか、十分な睡眠をとるとか日常生活の改善のほか、漢方薬も有効だそうである。
勿論テストステロン・レベルがあまり低ければ、ホルモン補充療法も必要だそうだ。
唯注意しなければいけないのは「前立腺がん」で、昔は前立腺がんは日本人にはまれだったそうだが、今は食生活その他の変化で急増しているという。
前立腺がんの診断は比較的簡単なので、更年期障害にかかわらず、PSAなどの検査は、定期的に受けたほうが宜しい。
と、ここまで堀江説をご紹介したところで、僕が関係している「城西クリニック」でも、堀江先生のご指導のもと「男性更年期外来」を開設し、評判を呼んでいると宣伝をさせて頂く。
[PR]
by n_shioya | 2013-03-18 20:59 | アンチエイジング | Comments(0)


<< 「我らが生涯の最良の年」 「先生は恋愛結婚ですか?」 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム