ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
切るべきか切らざるべきか?
最近の美容外科学会での議論の一つは“若返りの為には手術と非手術のどちらを選ぶか?”である。
b0084241_2111545.jpg

要は20年前までは顔の若返りは、「しわ取り術」いわゆる「フェースリフト」に限られていたが、最近は非手術法、すなわちレーザー、ケミカルピール等のスキンリサーフィシングやボトックス注入などが出現し、それらは始めは手術で改善できない部分の補助手段だったが、次第にこれが主体となり、非手術法で解決できないたるみの部分だけに手術を行うというように、そのウエイトが逆転してきたのである。
勿論、術者によっての好みもあるが、患者の希望、皺の種類や部位によって、いろいろな選択肢が生まれ、また、その組み合わせが論じられる時代に入ったといえるであろう。

当然のことながら患者にとって手術は大事(おおごと)である。多少効果は限られていても、メスは避けたいというのは人情であり、今後非手術法にもっと、もっとシフトしていく事は間違いない。
ただ、たるみなど、手術でなければ解決できない問題も多々あり、手術法の効用と限界をぎりぎりまで追い詰めるのは、我々美容外科を名乗るものの勤めではあろう。

そのようなシンポジュームの一つで、最後に司会者が或る質問を各演者に投げかけた。
“もし、貴方のお母さんが皺伸ばしの手術を望んだら、貴方はどうします?”
意地悪い設問に各演者も虚を突かれた形で、まちまちなというか、しどろもどろ答えが興味深かった。
例えば、
“突然いわれても困りますので、、チョットパスします。”と逃げたり、
“自分の母親はどうせ俺の言うことは聞きゃしないから”、とはぐらかしたり・・・
だが、大方は自分の母親に対しても必要ならメスを入れることに積極的な姿勢だったし、もうすでにまぶたのしわ取りをしてあげた、と答えた演者もいた。
面白かったのは、
“自分はまだだらしないので、母親がいなくなると「不都合」を生ずるので、あらゆる手段を使って、抗加齢を試みています。”
と答えた演者がいたことである。
その男が「抗加齢医学」のわが国での先駆者の一人であるだけに、またその「不都合」の推測がついただけに、皆その告白を楽しんでいた。
[PR]
by n_shioya | 2013-03-31 21:02 | アンチエイジング | Comments(0)


<< 病気は何故あるのか? 間違い電話 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム