ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
懐かしの「スイス」
やはりあの「スイス」だった。
名誉院長をしているAACクリニック銀座の2,3軒先で、「煉瓦亭」の手前に「スイス」という楽しげなレストランがあり、もしやといつも気になっていた。
b0084241_21252216.jpg

昔、大学の頃というのはまた半世紀以上も前だが、銀座の並木通りの路地をちょっと入ったあたりに、「スイス」というレストランがあり、よくデートに利用したものである。
スープ付きの料理が100円。貧乏学生には天国だった。
カツカレー発祥の店とも言われていた。
だが、こののスイスとは場所も離れているし、佇まいも違う。

“なかなか美味しいですよ”、と美女軍団の一人に誘われて先日入ってみた。
運ばれてきたスープを一匙口にして思い出した、ああ、ヤッパリあの味だった。
薄めのポタージュが砕いたベーコンで味付けされている。
料理を運ん「できた年配の女性に、もしやと思って聞くとやはりそうだという。
“昔ながらのスープの味を守っているので、皆様スープを飲むと思い出してくださいます。
そういえばお客様、どっかお見かけしたような・・“、と彼女は嬉しいことを言ってくれる。
30年前にこちらに引っ越してきたのだそうだ。

並木通りの路地を入った昔の店は、一階が調理場で木造の階段をがたぴし登ったところが食堂だった。
昭和一桁の東京の相当数の学生は、あの「スイス」のお世話になったはずだ。
戦後の復興前の日本は貧しく、車はおろか食べるものさえ録に無かった。
ただ在るのは憧れだけだった。

“パリの屋根の下”、“舞踏会の手帳”など戦前のフランス映画が文化の象徴であり、口ずさむ歌は“パリ祭”、“暗い日曜日”、クラシック音楽への憧憬は名曲喫茶で満たす、懐かしい“失われた青春”の日々だった。

料理を口にしながらなんともいえぬ懐旧の念が込み上げ、この60年はいったいなんだったとろうと、コーヒーを飲み終えて不思議な気分に満たされながら、孫ほども若い美女を伴って店をあとにした。
[PR]
by n_shioya | 2013-05-09 21:25 | 食生活 | Comments(4)
Commented at 2013-05-09 22:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 序破急 at 2013-05-10 19:52 x
同じ値段でカツが二枚の大盤振る舞いしてくれる店ですよね。
Commented by n_shioya at 2013-05-15 09:15
序破急さん:それは知りませんでした。
Commented by n_shioya at 2013-05-15 09:16
ローズマリーさん:此の道はいつか来た道,でないといいのですが。


<< 住むならメキシコ? マスコミよ,ハイエナに戻れ! >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム