ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
「アンチエイジング煎餅』売り出し中
「アンチエイジングブログ」を始めて満8年。
一日も欠かしたことがないのには我ながら感心している。
昔を遡ると,8年前の五月の、第一日目のブログに到着したのでここに引用する。
題して、「アンチエイジング事始め」

『アンチエイジングになぜ関わるようになったのだろう?
きっかけは宇津木先生だったと思う。
僕が顧問をしている白金の北里研究所病院の新築にあたり、形成外科・美容外科を美容医学センターと格上げし、アンチエイジングをその軸に据えたいということだった。
いまから6年ほど前のことである。

“アンチエイジング?ふむ。そりゃ、なんだい?”
“駄目だなあ、ボス。抗加齢医学ですよ、若返り。われわれの今やっている皺伸ばしの手術やケミカルピール、ボトックスなど、みなそれなんですよ。”
“それじゃ、美容外科とどう違うの?”
“それだけじゃないんです。最近話題のホルモン療法とか、抗酸化療法とか、全身的な抗加齢対策も取り込んで。つまり、肌の問題一つにしても内と外からの両面から攻めてていく。つまり内外美容ですね。それにはまず、肌年齢というか診断学を確立し、効能を検証していく。どうです。”
“なるほど。面白そうだね。”

というわけで、北里研究所病院に日本で初めてとは言わないが、数少ないアンチエイジング・クリニックである、「美容医学センター」が誕生したのが1999年5月である。
今年で6年目。
公的な病院では珍しいということで、美容医学センターの肌診断は人気を呼び、今では予約の患者が半年待ちという盛況である。』
ここにでてくる宇津木君は,その後帝国ホテルで「宇津木流クリニック」を開設,これも大盛況と聞いている。

そう,15年前は僕を含め,“アンチエイジング?それ何。”の世界だったが、今やアンチエイジングは各界で花盛り。
アンチエイジング・クリニックは勿論,アンチエイジング・クリーム、アンチエイジングダイエット、アンチエイジング旅行術等々・・・枚挙にいとまない。
はてはアンチエイジング・ナンパ術まで、いやそれはないか。
ここらで「アンチエイジング煎餅」など売りに出したらどうだろう。
今流行のアスタキサンチンなどねり粉に仕込み、胡麻(セサミン)をマブしたりして。
半ば本気なんですが如何でしょう。
b0084241_20214993.jpg

[PR]
by n_shioya | 2013-05-11 20:22 | 食生活 | Comments(0)


<< 今日は母の日 住むならメキシコ? >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム