ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
内助の功とは?
美女軍団の侮りがたい点は虚をついて難問を投げかけてくることにある。
先だっても結婚して二年目の一人が、“「内助の功」ってどんなことでしょう?”と問いかけてきた。
“うーん、それは・・・”と野獣は詰まってしまった。
実は結婚して50年余、ただの一度も考えたことが無かったのだ。
改めて考えると、配偶者のなすことすべて「内助の功」といえないことも無い。

そう、かっての留学時代、日本人留学生の妻はアメリカ人仲間の羨望の的であった。
オルバニーにグリーンストリートという、名前にふさわしくない赤線地域があった。
そこへ夜な夜な出没しては、白黒問わず、失礼、現地女性との交流に励んでいた豪傑がいた。日本に残された奥さんは、夫がそのような場で日本男子として恥をかかないよう、内職までして、軍資金を送り続けていた。
別の某君の場合は昼旦那の留守の間、車をせっせと磨いている。夕方旦那は帰宅すると、シャワーを浴び、パリッと着替え、ピカピカになった車に乗り込んで、何処へかドライブに出る、細君のお辞儀に見送られて。
もちろん女権意識の強いヤンキー妻たちは黙っていない。“貴殿らの行動はわれわれの配偶者に対してよろしからぬ影響を及ぼす。”と「医師のワイフ連盟」から二人とも抗議文を突きつけられたという。
b0084241_21264668.jpg

僕にしても、スコブルつきの無精者だ。
朝起きれば、前夜配偶者が枕元に並べてくれた下着からシャツ、ネクタイそしてスーツを身につけ、これも配偶者が磨いておいた靴を履いて出勤する。自分でやれば左右がチンバでもこの男、気づかないだろう。
洗髪は月一度の散髪のときだけ。体も自発的に洗うのは年に一、二回。合間に配偶者が暴力的に垢すりをしてくれなければ、その臭気は山下公園のホームレスといい勝負になるだろう。
こう考えると、僕がこれまで皆様からあまり顰蹙を買わないですんでいる?のも、ひとえに配偶者の「内助の功」といえるのではないでしょうか、美女軍団殿。
[PR]
by n_shioya | 2013-06-10 21:26 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 銀の匙 名前のない医学生 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム