ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
英語習得の三段階
熱傷学会で沖縄のブセナテラス滞在し、ハワイが又恋しくなった。
そして思い出すのは、半世紀前、始めてフルブライト留学生として、ロイヤルハワイアンのワイキキビーチの砂浜を素足で踏んだときの感激である。
b0084241_2058368.jpg

興奮と不安の入り混じった気持ち。不安の第一は自分の英語が本国で通じるかどうかだった。
結局アメリカ滞在は8年に及んだが、語学が目的の留学ではないので、ある程度通じるようになるとそれ以上の進歩はなかったが、そこまで到達するのに三段階を経たように思う。

初めてホノルルで使った英語は、ドラッグストアでコダックのフィルムを買った時である。
これも始めて手にするドル紙幣を店員に渡し、無事フィルムとお釣りのコインを手にしたときは正直ほっとした。仲間のフルブライターも皆同じ思いだったと見え、“ワー、通じた、通じた”と皆いっせいにフィルムや絵葉書を手にして喜んでいた。
母国で習った英語が現地でも通用すると嬉しがるのが「第一段階」である。

次の「第二段階」は意外に早く訪れる。
やはり、英語と日本語は違う、当然ながら習慣の違いひいては文化の相違まで気づかされる時期である。
例えば日本なら、何々をして差し上げましょうか?という時にかの地では、Would you like me to do such and such?(汝は余がこれを汝のためにすることを欲するか・・・どぎつく訳せば)という言い方をする。
これがいかにも押し付けがましいというか、恩着せがましいというか、違和感を覚えたのを思い出す。
これをただ表現の違いと見るか、醜いアメリカ人に通ずる面と捉えてもいいか、言語学者か人類学者にお伺いしたいところであるが。

このように習慣や文化の違いと格闘し、やがて違和感も薄れると、今度はやはり同じ人間のしゃべることはやはり、多少の色合いの違いはあっても、似たようなものだと悟るようになる。
例えば、“I don’t care.”といった場合、かまいませんよと言う意味だが、実は I do care、but・・・という婉曲な否定の場合もある。つまり言い方によっては、“俺は気に入らねー、だけどお前さんがやりたきゃ勝手にどうぞ”という捨てぜりふに近いニュアンスを持つこともある。
このぼかし方など、京都人のいやらしさ(失礼)と相通ずるもがあるのではないか。
京都で、どうぞお上がりになってといわれてノコノコ靴を脱いだら田舎もの、何か召し上がってと勧められて、居座ってご馳走になったら一生笑いものになると聞いているが。
つまり人間の振る舞い、人情の機微は洋の東西を問わぬという認識に到るのが「第三段階」である。
[PR]
by n_shioya | 2013-06-22 21:01 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 頑張れ、大竹美容外科学会長! コーヒーでアンチエイジング >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム