ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
あの日の鬼畜米英
聖路加病院が進駐軍に接収されて,東京陸軍病院と呼ばれていた頃の話しである。
昭和三十年僕はそこでインターンをしていた。
進駐軍と名前はごまかしても、英語ではJapan Occupation Forcesであり、立派な占領軍である。病院内はオフリミッツ(日本人立入禁止)で、中ではすべて軍票しか通用しない。
我々12人のインターンは、医療チームの一員のドクターであっても、日本人つまり被占領国の国民なので、軍票はもてない、従って軍票が必要な院内食堂も使えない。そこで昼には近所のチャブ屋で昼飯をかっこみながら、「あの日」のことをそして一年先の米国留学の夢を話し合った。
b0084241_201438.jpg

皆、「あの日」を十三歳の少年として、経験したのだった。
「あの日」のことは今でも鮮明に覚えている。
東京大空襲の後、僕は父の田舎の宮城県の白石に家族で疎開していた。
米軍の本土上陸も間近いということで、我々は毎日竹槍の練習にかり出されていた。教官は我々を国道沿いの雑木林に連れ込み、あの国道から敵兵が現れたら、飛び出してって「鬼畜米英」を突き殺してやるんだ。
“いいか、わかったな。”
“はい。”
という毎日だった。

だが幸い、その前に日本は降伏した。
お粗末なラジオで、雑音がガーガーと入り、天皇の声もうわずってとぎれとぎれで、かろうじてアナウンサーの、「国体は護持されました。しかし我が国は和を乞うたのです」と言う解説で、ああ、日本は負けたんだ、とわかったくらいである。
一寸した虚脱感と言うか、ああ、これで助かったんだという、解放感が体中からわき出てきたのは、それから一寸間をおいてからだった。
「その日」、空は青空で、日の丸を付けた戦闘機が一機、「デマに惑わされるな、最後まで戦うぞ」と言うアジビラをまいていった。やっぱりそんなうまい話はないかと、一瞬、がっくり来た覚えがある。

「鬼畜米英」は、ジープに乗ってさっそうと進駐してきた。後ろにトレーラーをつけて、後から後から仙台方面へと、泥道の国道を疾駆していった。
こうして我々は「鬼畜米英」によって、天皇を頂点とする狂気の集団,「日本軍」から解放されたのだった
そして「鬼畜米英」に我々が初めて使った英語は、“give me chocolate”だったのは言うまでもない。

誰もが米国留学にあこがれるのは、その頃の自然の成り行きであった。
[PR]
by n_shioya | 2013-07-03 20:02 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented by 御隠居@横丁 at 2013-07-04 09:26 x
当時(1947-1952)の輸出向け製品には、
Made in Occupied Japan
と記されてたとのことですね。http://ja.wikipedia.org/wiki/Made_in_Japan#Made_in_Occupied_Japan
Commented by n_shioya at 2013-07-04 10:01
御隠居@横丁さん;
そうでしたね.ちなみに米軍車のナンバープレートはピンク色で、数字の前にJAPOCとついていました。


<< チーズバーガーで魂を売った男 木の精か,パパゲーノ >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム