ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
一期一会?
今日は暑さが和らいだので、テラスのデッキチェアに寝そべって頭を休ませている。
そして昔ヨットに乗っていた頃の「船酔い」についてのジョークを思い出した。
“船酔いがひどいと死ぬかと思う。だがもっと苦しくなると死ねないのではと思うようになる”
このことは、我々が死を恐れるのは死そのものよりも、病苦をより恐れていると言うことに繋がるのではなかろうか。
この年になると、又おそらく癌患者の場合もそうではないかと思うが、死ぬまでの痛み、苦しみ、これが死の恐ろしさの大きな要因に感じられる。
勿論、別離、喪失のつらさを否定するわけではないが。
b0084241_21512462.jpg

亡くなった僕のお袋は造花が嫌いだった、色あいが人工的で、腐りもせずに埃だけが溜まってしまうと。
その感覚が子供の時から擦り込まれているのに今気がついた。
最近では生花の保存の技術も進歩して、何か注入して何年も色艶を保つことも可能になったようだが、なぜか馴染めない。
僕が今「不老不死」を醜くさえ感ずるゆえんだろう。

人も物もうつろうがゆえに美しい。
「一期一会」を尊ぶ気持ちは、人はその出会いが最後になるかも知れぬからこそであろう。

じゃ、お前が最近唱えている“見た目のアンチエイジング”とは一体どういうことだ?
人工物を注入してまで肌を若く見せようとする、矛盾しとるじゃないか。そもそもカモフラージュなら板金塗装屋の方がもっとは巧いぞ。
申し訳ありません。これからもまだ迷い続けます。
“人は努力する限り迷うものだ。”
さすがゲーテはうまいことを言ってくれてますね。
[PR]
by n_shioya | 2013-07-20 21:53 | アンチエイジング | Comments(0)


<< あぐらのお点前 男のヤル気と女のヤル気 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム