ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
ネガティブ・シンキングの勧め
ぼくは徹底した悲観論者である。
何をするにも失敗したときのことを考え、うじうじ心配し続ける。
旅行なども、数日前から新幹線や飛行機に乗り遅れるのでは、と心配ばかりして情緒不安定が続く。無事間に合ってもしっかり次の心配が控えている。
どうして僕はこうなんだろう、とここでまた悲観的になる。

亡くなった僕の親父は「ポジティブ・シンキング」の無類の信奉者で、すべてを肯定的に生きてきた。
この「ポジティブ・シンキング」の脅威から身を守るために、僕は幼児の頃から「ネガティブ・シンキング」が習性となったのかもしれない。
b0084241_2019154.jpg

親父の愛読書は”信念の魔術“という、おそらくこんな馬鹿なことを書くのはブッシュの同類項のアメリカ人しか居ないと思うが、結構評判になった本だった。
確固たる信念を持ってことにあたれば、何事でも成就するというのは、信仰のお題目としてはいいかもしれないが、日常の生活では「地獄」である。
失敗すれば挫折感に加え、お前の信念が足りないからだとたたかれる。これはいわば二重の責め苦である。
弟が早死にしたのは親父の「信念の魔術」に押しつぶされたのだと、僕と同じく素直にひねくれている直木賞作家の姉はいまだに信じている。

ところで日本のカードゲームで「大貧民」と言うのを聞いた事がある。悪い手ばかり持たされた「大貧民」が突然「革命」を宣言する事で悪い手を良い手にひっくり返す事が出来るという。
僕がネガティブに徹するのはこの「革命」を狙っているのが本音かもしれない。
[PR]
by n_shioya | 2013-08-14 20:19 | コーヒーブレーク | Comments(1)
Commented by マッツ at 2013-08-14 20:43 x
それそれ、それです!
しかし、大貧民が大富豪になると、次の回からはあなたはもう保守的な大富豪。ここがこのゲームの、あるいは人生の矛盾というわけです。


<< 解放記念日 男も見た目 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム