ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
池上彰氏も間違える?
池上彰氏のニュース解説はその分かり易さと綿密な調べで何時も感心させられるが、その池上氏でも勉強不足があるのは人間である以上やむを得ないかもしれないが、事は日本の名誉に関わる事なので、あえて書き記す。
それは先日の終戦記念番組で、開戦通告遅延の責任は現地の日本大使館にあると言う数年前までの通説を踏襲しておられたからである。
b0084241_17599.jpg

真珠湾攻撃がだまし討ちとなったのは、現地の日本大使館の怠慢といわれてきたが、実はそれは大嘘で、陸軍の圧力とそれに屈した外務省本省の責任であることは、もと駐ニュージーランド大使井口氏の最近の研究で明らかになり、著書も出され学会でも認められている。
その啓蒙は井口氏にまかせるとして、僕がこだわるのは、当時の陸軍の体質と行動がそのまま現在の霞ヶ関に連綿と受け継がれているからだ。

陸軍の犯した罪は多々あるが、一つは開戦前日に送電された、日米の友好回復を訴えたルーズベルト大統領の天皇宛親電を、陸軍が握りつぶしたことと、対米最後通牒をこれも陸軍が外務省をサーベルで脅し、故意に遅らせたことである。
まるでヤクザまがいの行動だが、その元凶が例の瀬島龍三氏であろうということである。ちなみにヤクザの世界のほうがもっとルールもけじめもあり、ヤクザに失礼な例えかもしれない。
瀬島氏に関しては、ソ連との密約で日本捕虜を売り渡したのでは、など黒い霧をかぶったまま世を去ったが、かって彼の“幾山河”を読み、あまりにも時代錯誤の自己弁護に終始しているので、反吐の出る思いがしたことを思い出す。

かつての日本軍というか帝国陸海軍の主な特質を列挙すると、
①下克上:2・26事件を見よ
②夜郎自大:“桜と碇”という戯言は、桜が陸軍、碇は海軍で、“無理が通れば道理引っ込む”ことを意味していた
③絶対に責任を取らない:ノモンハンの失態をした辻少佐はその後も失態を続けながら出世階段を上り、日本の破滅に加担した。
④隠蔽主義:まだまだ隠された悪行は数あるだろう
⑤保身と出世:国民はそのまえには襤褸切れにすぎない。沖縄そして満州で日本軍に裏切られその犠牲になった多数の日本人のことを思え。
⑥面従背反:サボタージュの巧妙なこと。

こう列挙するとあまりにも今の官僚と酷似しているので、ただただあきれ果てるだけだ。
たとえば
①下克上:大臣に人事権はない。
②夜郎自大:国民の税金を私物化して、自己権力の肥大化のために餌としてばら撒く。消費税増税はその為と言っても過言ではない。
③絶対に責任を取らない:原発事故、年金問題。責任を取らされた官僚が一人でもいますか?
④隠蔽主義:重要書類に限ってその保管場所が思い出せない。アホじゃないか!
⑤保身と出世:これだけが連中のレーゾンデートルなのでいまさら何も言うことはない。
⑥面従背反:人並み優れた知能指数でサボタージュに専念されたら、大臣もお手上げだ。また、どんな法案でも、テニオハと言葉のすり替えだけで骨抜きにする天才集団。
以上
[PR]
by n_shioya | 2013-08-19 17:06 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 男と女の間には・・・ 年齢なんて記号よ! >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム