ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
アメリカ生活で失ったもの
今でこそ、書類をホッチキスでピシッと留めるのに違和感はおぼえなくなったが、留学前、米軍病院でインターンをしていた頃、秘書たちが手紙や書類を無造作にホッチキスで、パシ、パシ留めるのを見てショックを覚えたものである。
b0084241_20522375.jpg

それまでの感覚では、たとえどんな紙でも一枚、一枚が大切な存在であった。
クリップで整理するのは許される。だがそれに無造作に機械で穴を開け、針金で締め付けるというのは、紙だけで無くそこに記されたものに対する冒涜のように感じられたのである。
だが、時間の節約と、散逸を防止する点では合理的である。
アメリカ生活の間に、合理性に負けてどれほどナケナシの繊細さを失ったことか、今でもホッチキスで紙を留めるたびに、大げさに言えば自分の気持ちにホッチキスが食い入るような気がする。

インターンを終えて、フルブライト留学生として彼の地の生活を始めるなり、直ちに巻き込まれたアメリカ流の分秒を争う世界に、息つくまもなく一瞬、一瞬をこなして、ここまできてしまったような気がする。
今改めて、当初感じた違和感を反芻してみると・・・

黒か白かしか存在しないアメリカ。
その中間のグレーのコーナーを探してうろついたのも、はじめの数ヶ月だけであった。
やがて僕も、目の前に現れた人とはすぐ親しくなり、去ればすぐ記憶から飛び去るアメリカ流の人付き合いを身につけるようになった。

会話の中身もそうである。イエスかノーか、それしかない。でも、とか、なんとなく、とかいったどちらともいえない曖昧さの居場所は無い。
コーヒーにしてもコーヒーショップはひたすらコーヒーを飲むという目的だけの場所で、カフェといったような文化的な場所は、グリニッチビレッジにでも行かねば見つからなかった。ヒッピー族の台頭以来、この点は多少変わったが。

以来50年。僕は今やっと、失われた心のひだを取り戻そうともがいている、谷崎潤一郎の「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」を道案内にしながら。
彼はこう書いている。
「われわれ東洋人は何でもないところに陰翳を生ぜしめて、美を創造するのである。(中略)美は物体にあるのではなく、物体と物体の作り出す陰翳のあや、明暗にあると考える。(中略)陰翳の作用を離れて美はないと思う。」
[PR]
by n_shioya | 2013-09-01 20:52 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented by マッツ at 2013-09-01 20:59 x
白か黒か。ここ数日のオバマ大統領もこの決断を迫られているようです。何もそんなに慌てて結論を出さなくてもいいのに。自分で自分を追い込んでいるようです。大統領も国民も。その先には幸せは無いのですが、そうしたことに気がつかない悲しい国民です。

もっとも、すべてがわるいわけではなく、いいところも多分にあるので、多くの外国人を惹きつけるのでしょうが。私も含めて。

男性と女性も同じように白黒つけたがるようです。だからでしょうか、杓子定規で魅力が一面的なように思えるのは。
Commented by n_shioya at 2013-09-03 19:00
マッツさん:オバマをどう評価されますか?
Commented by 萌音 at 2014-02-21 08:52 x
こんにちは。楽しく読ませてもらいました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。
Commented by n_shioya at 2014-02-22 12:05
萌音さん:コメント有り難うございます。今後とも宜しくお願いします。


<< メスで心を癒す 医者の医者探し >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム