ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
三種の神器
日本の天皇というのは摩訶不可思議な存在である。
万世一系というのはイカサマにしても、幾度かの危機を乗り越えて、システムだけは十数世紀にわたって連綿として続いている。
太平洋戦争はいい例である。
天皇が開戦の責任を逃れたのは、占領軍の思惑とも合致したからだが、天皇自身が敗戦の責任を国民に詫びたことは一度も無く、反対に情報操作で、戦争を終結させた平和の愛好者のようにあがめられている。
昭和天皇自身のメンタリティと責任感は如何なものか、かねがね疑問に思っていた。
このカラクリを明快に解き明かしてくれるのが原武史氏の「昭和天皇」岩波新書)である。
b0084241_2272561.jpg

ご承知のように南北朝時代は、南朝が正統のはずだった。それがいつの間にか北朝にすり替わり、現在の天皇は北朝系である。これを正当化する唯一の手段が、例の三種の神器と称する「やたの鏡の鏡」「やさかの勾玉」「草薙の剣」というまがまがしい三点セットである。
その為昭和天皇の最大関心事は、自己の正当性を保障するこの三点セットの護持だった。これが危うくなったときにやむを得ず手を挙げる。
決して人民を救うためではなかったと「昭和天皇」には書かれている。

今思えば我々無辜の民は「民草」と言うウロンな言葉に踊らされたが、「民草」には「干し草」ほどの価値も認められていなかった。
まして日本の軍隊は、建前は天皇を守るためにあり、(本当は自分たちの命が第一だったことは敗戦のときの日本軍の醜態で明らかになったが)、「民草」はその為に殺されてもしょうがなかったのは、沖縄の方たちは今でも忘れることができないであろう。
ちなみに「武士道」とはそういうものである。
最近「武士道」が見直されてきたのは、やっと卑怯、卑劣が美徳として認められてきたというに過ぎない。其の意味で東電の幹部は「武士道」を遺憾なく発揮していると言える。

これはゲスの勘ぐりというものだが、あの三種の神器と称するガラクタにはいかほどの価値があるものか,一度テレビの「なんでも鑑定団」にかけてみたら面白いのではと思っている。
ちょっともう通用する代物ではないですなとか、あるいは、残念ですが精巧にできた明治時代のまがい物ですなど厳しい判断が下されるかもしれない。
[PR]
by n_shioya | 2013-09-08 22:08 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented by 佐藤鈴木 at 2013-09-09 10:30 x
熊沢と言う人が、南朝天皇の子孫だから正統の「熊沢天皇」だと騒いだことがありましたね。
Commented by n_shioya at 2013-09-09 23:24
佐藤鈴木さん:勝てば官軍と言う事ですかね。


<< 商品としての美女 容姿のメッセージ性について >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム