ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
真のゆとり教育
”ゆとり教育”が問題になっているようだが、子供たちも育ってしまい、現場を直接体験する機会がないので、どうしてこれが問題となったのかよくわからない。
言えることは今の時代、子育ては本当に大変だろうと推察される。
テレビ、携帯、パソコンゲームが氾濫し、ヘッドフォンで頭に枠をはめられ、さらには大痲まで簡単に手に入る時代である。
しかも政治、官僚は腐敗し、子供たちはロールモデルを失い、未来に失望し、ただ白けるだけである。
“ゆとり教育”とは、この粗悪な環境の中で野放図な時間を与えることではなく、生徒の自発性を尊重し育成することではなかろうか。
だが、これは教える側に人間性の幅と忍耐を要求する。
b0084241_19215598.jpg

僕らの中学時代は恵まれていたといまさらながら思う。すべてが不足していたからだ。
なによりも上記のハイテクの誘惑は何もなかった。
代わりに中学一年生のときから、何か自分の特技を持たねば相手にされなかった。
学問でも、スポーツでもよい。それぞれが才能を競い合った。
僕たちは学校の授業は必要最低限のものと理解していた。

あるものは「原子物理学」に凝り、広島にキノコ雲が発生、軍部が新型爆弾とうろたえている時、あれはウランの原子爆弾の筈だと、我々に教えてくれた。
「プラトン哲学」に凝っている者もいた。
課外の輪読会と称し国語の教師の手助けで、「源氏物語」の原文に取り組んだグループもある。
「高等数学」の専門家もいたが、ピアノを良くし、長じては前衛音楽の作曲家となった。
中学時代、僕の専門は「生物学」、特に遺伝学だった。校舎の屋上でスウィートピーを栽培し、メンデルの実験のまねごとを行った。
ある時は、“先生の授業はつまらないから、一時間譲ってほしい”と教師に頼み、カエルの解剖を同級生にデモしたこともある。
我ながらずうずうしかったと思うが、それを許す度量が教師にもあった。

スノッブと言えばスノッブだが、男の子の背伸びは女の子のお洒落のようなものと思ってほしい。
こうして「基礎知識」の習得に加え、「自分の世界」を涵養させることが真の“ゆとり教育”ではないかと思う。
[PR]
by n_shioya | 2013-09-27 19:21 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented by みや at 2013-09-29 23:21 x
最近はゆとり教育への批判も聞かれます。どこの学校も授業時間を増やしつつあります。今夜、息子の宿題(漢字ドリル)を見てはっとしました。漢字にかなをふるのですが①戦争がはげしい ②米を配給する ③てきの飛行機 など。⑧軍歌が聞こえる というのもありました。何のためにこういう文章を…。ちなみに先生のお手製プリントではなく、㈱○○社が出版したものです。
私の杞憂で終われば良いのですが。
Commented by n_shioya at 2013-10-06 18:39
みやさん:文科省も自民党も教育の本義を勘違いしているようですね。憂うべきことです。


<< ト調のメヌエット 男のお洒落 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム