ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
ニューヨークの僕の定宿
戸口に山高帽を被ったドアマンが居なければ,これがホテルだとは誰も気がつかないだろう.
五番街とアメリカ街の間,44丁目でビルの谷間に窮屈をそうに立っている古ぼけた石造りの二十階建ての館は,よく見るとなるほど玄関の庇にホテル・アルゴンキンと印されている.
世界の都ニューヨークだ.ホテルはそれこそ星の数程あろう.
その中でこのアルゴンキンは所謂高級ホテルではないが,いささかユニークなホテルとして知られている.
1902年の創業以来,雑誌ニューヨーカーの編集者の溜まりとして,又著名な作家や劇作家達の常宿として,洒落ていて暖かみのある,ホテルというよりは日本語の旗籠屋に近いイメージのものとして人気を保ってきた.
演出家である従兄弟が定宿にしており,一度試してみたらと以前から薦められていた。
b0084241_1952134.jpg

そのときはまだ大学生だった長女が、夏の休暇で一緒だった。
タクシーから降り立った僕は、娘を促して,ごつい木の扉を押し開けた. 中はほの暗く,使い込まれた時代物の家具がしっとり落ち着いた感じを出して,ホテルのロビーというよりは,古い館の居間を感じさせる.
右手の奥の小さなカウンターがフロントで,そこでチェックインして部屋の鍵を受け取った.
エレベーターも時代物で,ボーイが丸い手回しのハンドルをぐるりとまわすとギー,ガタンと動きだす.
部屋もなかなかいい感じだ.
骨董品のような家具やスタンド.三つの中一つは点かない電球.暑くもないのにかかりっぱなしのクーラー. だが不思議と安らぐ感じはなんと表現したらいいか.
“あ素敵!丁度お祖母ちゃまのおもてなしって感じ.それもイギリスの田舎家ってとこかな.”
娘の言葉がピッタリだった.

このホテルの今一つの魅力はブロードウェイのすぐ傍にあることだ. 隣がタイムス・スクェアでその先はもう劇場街.
お目当ては「オペラ座の怪人」だったが,勿論半年先まで売り切れ,当日売りなどとんでもありません.とフロントで言われ,
“ じゃ,娘よ.「42 ストリート」にするか?”
“ オッケー,
という訳でゆっくり昼寝をとってから,夜のブロードウェイに繰り出した.
b0084241_19522955.jpg

翌朝の朝飯はロビーの奥の明るいダイニング・ルームである.
白い壁にロココ調の赤い椅子が可愛らしい.
中央のテーブルには出勤前のビジネスマンが二三人.年寄り夫婦が一組壁際の席に.そして部屋の片隅でキャリアウーマンらしき美人が,カフェオレとクロワッサンを前にして書き物をしている.
自分でもカフェ・オレとクロワッサンを頼みながら娘が言った. “若い女が一人で朝飯を食べていて,サマになるホテルは珍しいわね.”

もう20年も前の話しだが、以来アルゴンキンは僕にも定宿となった。
[PR]
by n_shioya | 2013-10-05 19:52 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented by マッツ at 2013-10-05 21:51 x
はい、いいですね、ここは。私は宿泊したことはありませんが、朝食を食べに行きました。文士のたまり場でもあったこのホテルには、文化的で少しだけ隔世の感あり、でした。
Commented by さぼてんの花 at 2013-10-05 23:25 x
お久しぶりでございます 先生
まるで小説を読んでいるかのようです
そして先生の鮮やかに蘇る記憶が新鮮でオチが20年前・・・
ニューヨークは新しいものと古いものが上手く共存されてて
本当に魅力的な街
ビルとビルの谷間から見た朝もやのドーンパープル色の
空をふと思い出しました
Commented by n_shioya at 2013-10-06 18:37
マッツさん:是非一度お試しのほどを。
Commented by n_shioya at 2013-10-06 18:38
さぼてんの花さん:お久しぶりです.いかがお過ごしですか?


<< シャガールと詩魂 鰻の原産地と絵画の真偽 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム