ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
出る釘は大事に
“出る釘は打たれる”と言うのは和を尊ぶわが国の美風であり、“出すぎた釘は打たれない”と豪語した介護業界の風雲児が、あまりにも出すぎたのか、袋叩きにあって一挙に転落したのはまだ記憶に新しい。
b0084241_2036468.jpg

だが、アメリカは実力社会で、“出る釘”でなければ成功を掴みにくい。
どんなにエクセントリックであっても、実力さえあれば世間は許し、認めてくれる。
しかもそのような変わり者は、ことに外科の教授の中には人材が豊富である。

僕がレジデントの頃は、オハイオ大学のゾリンジャー教授が群を抜いていた。
「ゾリンジャー・エリソン症候群」と言うのを言い出して、一躍有名になった。
彼の変人ぶりのエピソードは数々あるが、其の一つ二つ。
あるとき誰かが彼の駐車スペースに車を停めて置いた。怒り心頭に発した彼は、自分の車を突っ込んで、2台めちゃくちゃにしてしまった。
またあるときは、手術中、助手がもたついていると手を降ろさせ、罰として手術が終わるまで、水を一杯にしたバケツを捧げ持たせたと言う。

ところが、僕は外科の専門医の口頭試問の時、試験官として其のゾリンジャーに当たってしまった。
僕はその日の最後の受験生だった。入室のとき足も顎もがガクカクしていたことは言うまでもない。
ゾリンジャーに一礼をすると、彼は突然ソファーに寝っころがって、“俺はもう疲れた。お前、何か俺に聞いてくれ。”という。
では“ゾリンジャー・エリソン症候群の現状は?”と恐る恐る伺いを立てると、
“アッター ケオス(シッチャカメッチャカだ)。あんなもの、提唱しなければ良かった”。
そんなやり取りが続き、やおら、“日本で桜は何時咲く?”と向こうから聞いてきた。
“四月です”。
“違う、五月だ。お前はアメリカが長すぎて、日本のことを忘れておる”。
“へえ、すみません。おっしゃるとおりです。”と不本意だが降参してやった。
試験官によってはわざと受験生を挑発して、受験生が感情的に食ってかかるのを待ちうけて、落第させるのがいると聞いていたからである。
と言うわけで僕のアメリカの外科の専門医の資格は、このようにいい加減に取得したものであまり自慢はできない。

そのほか外科医に限らずアメリカ人には、いわゆるキャラクターがウジャマンといるのでおいおいご紹介したい。
最近は日本でもまだ少数派だが「出過ぎた釘」も受け入れられるようになってきた。喜ばしい傾向と僕は思う。
[PR]
by n_shioya | 2013-10-07 20:35 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< ハグの効用 シャガールと詩魂 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム