ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
半沢直樹よ、霞ヶ関で倍返し」を!
昔僕は゛廊下トンビ”という役を長年やらされてきた。
学会のため、大学のため、予算を獲得し、場合によっては法律改正まで持ち込まねばならぬ大仕事である。
そのために、官庁の廊下を飛び回る役は、“廊下トンビ”と呼ばれていた。
これを40年もやらされれば、官僚の哀れな生態は実によくわかってくる。
哀れというのは、もしひとかけのプライドでもあったら、異物反応で生きて行けないないのが官僚であることが、いやというほどわかったのだ。
b0084241_20104270.jpg

「霞が関」で最優先するのは「村の掟」である。
その具体例は枚挙にいとまないが、まず国民が捨ててほしいのは、官僚は国家のため、「国民のため」を考えているという幻想である。
建前ならいいが、「国民のため」などと本気で言ったら、“はしたない!”の一言でかたずけられるのが霞が関である。
予算は国民の血税という考えは一切ない。すべては自分の金であり、いかにそれで他人を、というのは政治家を含め、コントロールするかということしか考えない。だから彼等は金を“つけてやる”と言う言い方をする。
そして官僚は絶対に責任を取らない。
それでなければバブル崩壊、年金の振り込め詐欺、公文書偽造、原発事故等々、あれほどのチョンボというより、詐欺まがいというより、明らかな犯罪行為を犯しても、だれも処罰されないではないか。
又、テニオハ一つで、いかなる法律でも骨抜きにする天才でもある。

だが官僚個人を責めるのは酷かもしれない。
彼等とて入村したときは志に溢れていた筈だ。
にもかかわらず「村の掟」が彼らに、自己保存と増殖、権力への病的な執着、そして人を蹴落としての出世を価値観として要求する。
そのためにはどんな破廉恥な言動でも、鉄面皮に押し通す勇気が、村の生活で涵養される。
官僚制度は日本の進歩に立ちはだかる巨大な壁である。しかも国に巣食うシロアリの群れである。

これを改革するには、官僚自身が恥を知り、他人を思いやること、つまり自己改革を始める以外にない。
「村の掟」によっていかに自分の人間性が腐食されてきたか、思い直してほしい。
奴らだってなにも好き好んで、恥をさらし、人間性を削っている訳ではないと思う。
そのための手立てはあるのだろうか?
一匹でも「半沢直樹」が現れて、「倍返し」をやってくれんか!
[PR]
by n_shioya | 2013-10-15 20:11 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 目指せ、最高の美容外科医を! ミレイのオフィーリア考 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム