ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
大本営発表
大本営発表:
「福島の原発汚染水漏洩は完全にコントロールされている。今後は世界に冠たる原発輸出国をめざせ」
「国家を守る為には国民の知る権利を奪う必要がある。治安維持法をお手本に」
安倍政権は多数を盾にファッショ化してきましたなぁ。行き着くところは軍国日本!
b0084241_21472161.jpg

我が家はテレビも置かなかったし、新聞も取っていない。
そもそも僕は「大本営発表」にだまされ続けた幼児体験をいまだに引きずっていて、報道の中立性というものを信用していない。
報道機関も畢竟営利事業である、NHKを含め。
昔朝日の重役に聞いたことがある、報道の義務と営業利益が矛盾する時はどちらをとるかと。
重役氏は躊躇なく答えた、そりゃ、営業ですな。
又わが国には記者クラブという奇妙な制度があって、記者は自分で情報をあさらず、官製のニュースを頂いていわば馴れ合いの関係を是としている。素人目にはこれはジャーナリストの自殺行為のように思えるが。
ジャーナリスト魂が遺憾なく発揮されるのは、個人のプライバシーを暴く時だけのようだ。

その点テレビは当事者がいかに取り繕っても顔に出てしまうから恐ろしいし、又面白い。
何もワイドショウ的にキャスターがしゃしゃり出なくても、勘所を時たま鋭く突くだけで充分真実はあらわになるのではなかろうか。その点、何時もは絶対に主観を押し付けず、ここぞという時の一言で、ジョンソンにベトナムを諦めさせたアメリカの名アンカー、ウォルター・クロンカイトの見識を見習うべきだろう。
だがテレビの落とし穴はビジュアルがすべてになってしまう。どんな客観的に重大なことでも、“絵”にならなければ没になるようだ。

ところで新聞もテレビもなくて、どうやって世の動きを?
ご心配なく。阿部首相が世界を相手に大嘘をついたり、オバマが支持者を裏切ったりすれば自然に耳に入ってくる。
それに僕は一日の相当部分をコーヒーショップで過ごすが、行きつけのところでは黙って座ればコーヒーと一緒に新聞が運ばれてくるからである。
そして政府は嘘をつくものという色眼鏡を掛けて、ニュースに目を通す。
[PR]
by n_shioya | 2013-10-23 21:48 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< タトゥーを消したい? 孝行をしたいときには・・・ >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム