ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
そしてメインロブスター
b0084241_21464625.gif

テキサスのステーキを称えて、メイン・ロブスターに触れないのは片手落ちというものだろう。
僕はメインに行ったことはないが、毎夏、ボストン近郊の避暑地、ケープコッドであの大柄なメイン・ロブスターを楽しんできた。
あの可愛らしいがしみったれた中身の伊勢海老とは種類からして違う。
フランス料理のオマールエビは同類だと思うが、体格に親子の差がある。
一番小さな奴でも、僕ら日本人には一人では食べきれないほどだ。
最もうまい食べ方は?
勿論ただボイルして、溶かしたバターソースでむさぼり食べる。
シャルドネをあおりながら。
b0084241_2147470.jpg

ボストン人にはシーフードなら「リーガル」というのが定番のようだが、僕のお気に入りは、波止場に突き出た「アントニー・ピア4」だった。
シーフードの老舗で人気ナンバーワンだが、予約を取らない。大統領でも並んでもらうというのがアントニー親父の自慢だった。
ボストンで開かれた創傷治癒の学会のさい、そこを借り切って世界中の関係者を招待してくれたのが、当時の「第一製薬」。大したものだった。

オイスターの専門店では「ハーフシェル」というのがあったが、今もあるだろうか。
バケツのような入れ物でどさっと運ばれてくる生ガキは食べ放題。
生ガキの食べ放題といえばパリのエコール・ノルマールの近くにも専門店があった。連れてってくれたのは、「毛根再生」の研究の大家、バランドン教授だった。

ところで「リーガル・シーフード」はその後チェーン店として発展し、数年前はボルチモアでも見かけ、皆で入った覚えがある。
僕の定番は、まず生ガキ、そしてクラムチャウダー。そこですぐロブスターに行くわけにはいかない。リーガルの名物はクラブ・ケーキである。其れをアペタイザーとしてシェアし、いよいよ本番のロブスターへ。
〆はやはりチーズケーキかチョコレートケーキである。
その頃はもう、体中の血管がコレステロールで詰まっても悔いはない気分になっている。
最近節制?しているつもりでもコレステロール値が下がらないのは、やはりあの頃の付けが来ているのだろうか。
[PR]
by n_shioya | 2013-11-22 21:47 | 食生活 | Comments(0)


<< 美人は幸せか? ステーキはテキサス >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム