ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
フカヒレのコラーゲン効果
最近、中華料理のフカヒレが、コラーゲン補充に効果的とアンチエイジング食材として人気を呼んでいる。
b0084241_20401935.png

また、アンチエイジングのセミナーやカルチャー・スクールで、テーマに関わらず必ず聞かれることの一つに、“飲むコラーゲンは効くのか?”という問いがある。
これまでの答えは、“ノー”であった。
コラーゲンのような分子量の大きなタンパク質は、アミノ酸に分解されてから吸収されるので、飲んだものがそのまま皮膚に運ばれて、肌のコラーゲンになることはあり得ないからである。
とは言っても、あの中華のフカヒレは美味なだけでなく、身体にも良さそうな気がするのだが。

すると最近になって、分解して生ずるアミノ酸の短い鎖が、そのメカニズムは不明だが、コラーゲンの産生を促すのでは、ということが言われ始めた。
又、分解されても、そのアミノ酸はコラーゲンの原材料として利用されるから飲むことは良いのでは、という考えもある。

似たようなことはコラーゲン入りのクリームについても言える。
皮膚の重要な働きは外敵や異物の侵入を防ぐバリア機能にある。コラーゲンのような分子量の大きなものが皮膚を自由に通過したら、皮膚はバリア機能を果たしていないことになる。
だから、保湿剤としての意味はあっても、コラーゲンを塗って真皮のコラーゲンを補うというのはナンセンスだということだ。
だが、ここにきて皮膚の表面にある表皮細胞には複雑な機能があることが資生堂の研究で分かってきた。すると、コラーゲンで刺激された表皮細胞が、何らかのメッセージをその深部の真皮層にある繊維芽細胞に働きかけて、コラーゲン産生を促すことがありはしないか。

こう考えてくると、なんに限らず効果を云々する時考えなければならないのは、
①理論的にありえない、と言い切れることかどうか?
②肝心なことは効果の有無という事実ではなかろうか?
③もし多少とも効果が立証されれば、そのメカニズムを解明し、理論を正さねばならぬのでは?
ということになる。

ただ使用者側として心すべきは、その有るか無しかの効き目が費用対効果の面で如何なものか、つまり自分の懐具合ととっくり相談することであろう。
とはいえフカヒレは、例えコラーゲン補充の直接の効果はなくとも、味道楽の立場からは充分費用対効果があることに間違いはない。
[PR]
by n_shioya | 2013-11-25 20:40 | 食生活 | Comments(1)
Commented by みや at 2013-11-25 23:13 x
私もコラーゲンを補充したいです。お手ごろな値段の食材だとどんなものがありますか?

話は違いますが、秘密保護法案が最近話題になっていますね。ブロガーも処罰の対象になるということで筆を折るブロガー(論者)が後を絶ちません。「治安維持法」の現代版らしいです…。


<< 男と女のだましあい サクセスフルエイジング〜美しく... >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム